展示案内   美術館をひろげるふかめる   イベントカレンダー   交通案内   プレスの方へ  
 
1979(昭和54)年に開館した福岡市美術館は、今年開館30周年を迎えます。多くの方々に支えられ、所蔵作品は近現代美術・古美術合わせて1万4000点を超えました。
本展では、市民ギャラリー以外のすべてのスペースを用いて、多種多様な当館所蔵品の中から、代表的作品約400点を一堂に展示します。当館の古美術/近現代美術の収蔵品それぞれの特色を生かした展示の他、時代やジャンルにとらわれないテーマごとの展示もとり入れ、演出面においても普段の作品展示とは異なった工夫を行います。このような大規模な所蔵作品展は、開館以来初めてのことです。
美術館の活動をひろげ、作品理解を深めるための関連事業として、「美術館をひろげる・ふかめる」と題した様々なイベントを開催します。
恒例の「夏休みこども美術館」は、いつもと趣向を変え、「超・夏休みこども美術館2009」と題して本展と同時期に開催します。
福岡市美術館をベースに、所蔵作品(コレクション)と来場者の皆さんとのつながり(コネクション)をふかめ、ひろげる2ヶ月間です。
□観覧料
一般500(300)円、高大生300(200)円、シルバー手帳提示者300円

( )内は20名以上の団体料金。中学生以下の生徒・児童、身体障害者手帳、精神障害者保険福祉手帳、療育手帳提示者とその介護者1名は無料
□開館時間
(8/8〜31)9:30〜19:30【日曜は17:30まで】
(9/1〜27)9:30〜17:30、いずれも入館は閉館時間の30分前まで
□休館日
毎週月曜日(ただし、9/21〜23は祝日のため開館し、9/24(木)が休館)

□主催/福岡市美術館、西日本新聞社、テレビ西日本
□助成/、(財)福岡文化財団
□後援/(財)福岡市文化芸術振興財団

野々村仁清《色絵吉野山図茶壷》
【重要文化財】江戸時代   
三岸好太郎《海と射光》1934年