コレクションコネクション 福岡市美術館の30年
美術館をひろげるふかめる
平成21年度文化庁美術館・博物館活動基盤整備支援事業
 
ひろげる編   ふかめる編   コラボ編   イベントカレンダー   プレス  
 
福岡市美術館開館30周年を記念した大所蔵品展「コレクション/コネクションー福岡市美術館の30年」は、総数14,000点を超す当館所蔵品のエッセンスを一望できる機会です。この所蔵品展に関連して、福岡市美術館を地域に向かってさらに広げつつ、来場者の所蔵品や美術館活動への関心と理解をいっそう深めていくことを目標とした様々な事業を展開します。

更新情報
2009.8.27 さとうりさRisa Campaign vol.11[working, now]の時間と場所の情報を追加しました。
2009.9.1  キッズコーナーワークショップのお知らせを追加しました。
2009.9.1  灯明制作ワークショップのお知らせを追加しました。
 
美術館をひろげる
 
  国内外で活躍する現代美術家、中西信洋(1976年福岡県生まれ、大阪府在住)の
映像インスタレーションを、「コレクション/コネクション」展会期中2階ロビーに展示します。
映像は、福岡県内で撮影されたものが使用されます。
美術館の日常的な空間が一変します。
   
  2人の現代美術作家によるパフォーマンスを通じて、美術家と観客とが直にふれあい、
さらにその作品に参加する内容です。
所蔵品展示だけでは十分に伝えにくい美術の「ライブ感覚」、
今まさに身体を通した表現への理解を促し、美術表現の幅広さを伝えます。
  ○折元立身(1946年川崎生まれ 同市在住)
  世界的に活躍するパフォーマンスアーティスト折元立身が、
学生といっしょにパフォーマンスを上演します。

・パフォーマンス「Finger Dolls(指人形)」
日時:8月8日(土) 14:00〜 場所:1階ロビー
アーティストとその母親との日常を、指人形でユーモラスに演じます。

・パフォーマンス「パン人間」
日時:8月22日(土) 15:00〜 場所:天神周辺を予定
顔にフランスパンをくくりつけたパン人間が、繁華街に出現!
アーティストと学生たちが、パフォーマンスを通じて、
行き交う人々とコミュニケーションをはかります。
  ○さとうりさ(1972年東京生まれ 埼玉県在住)
  ・ Risa Campaign vol.11 [working, now]
期日:9月19日(土)
時間・場所: 9:30〜12:00 福岡市美術館 1階ロビー
13:00〜15:00 福岡アジア美術館  7階ラウンジ
16:00〜18:00 福岡県立美術館  玄関付近

ユーモラスでどこか寂しげな表情をした、巨大な風船のオブジェを展示します。
当館のほか、アジア美術館、福岡県立美術館を移動していきます。
*協力:福岡アジア美術館、福岡県立美術館
 
  日時:9月12日(土) 18時〜21時 雨天の場合は翌13日(日)に開催
※この日のみ、 19 時 30 分まで開館します。
薄暮れの美術館を彩る「灯明ウォッチング」を開催します。
数多くの灯明が、 美術館建築を浮かび上がらせます。
*協力:学校と社会をつなぐエイジェンシー[ASAP]
監修:藤浩志 コーディネーター:おがたたかひろ

9月12日当日、灯明の制作と設置をお手伝いしていただけるボランティアを募集しています。野外での作業となりますので、日よけ対策をお願いします。
作業時間:13時〜17時   作業場所:当館周辺
氏名、住所、連絡先を明記の上、9月11日までにFAXにて申込みください。
FAX番号 092-714-6145 福岡市美術館「灯明」係

灯明制作ワークショップ
日時:2009年9月5日(土)〜12日(土)13:00〜16:00の随時(休館日を除く)
場所:1階ロビー
9月12日(土)に開催する「灯明ウォッチング in 福岡市美術館」で飾るための、紙袋を使った灯明制作ワークショップを開催します。どなたでも簡単に作ることができますので、お気軽にご参加ください。材料・道具は当館で準備します。
事前申し込みは不要です。参加無料。