「21世紀の作家―福岡」は1999年度より当館にて開催されているシリーズ企画展です。福岡市およびその近郊の現代美術シーンにおいて活躍する作家に焦点をあて,個展形式により作家の足跡や問題意識を出来るだけ明確に紹介することを目指しています。
 第10回展となる今回は、北九州在住の鈴木淳の個展を開催します。鈴木は1995年より作家活動を開始、初個展「IE」(旧百三十銀行ギャラリー、北九州市)では家族をテーマに公と私を考察するインスタレーションを発表しました。「IE」のシリーズを1998年まで継続する一方で、1996年に参加した「パラサイトプロジェクト」(北九州市ほか)を皮切りに、街角や建物内にささやかな造形物などを置いたり、パフォーマンスを行うといった、日常に侵入し介入する表現を展開し始めます。2000年には、何気ない日常の風景を切り取ったような映像作品「だけなんなん/so what?」のシリーズが開始され、現在もなお継続されています。さらに、近年は写真作品にも意欲的に取り組むなど、その表現方法は多岐にわたります。
 映像作品のシリーズ名となっている 「だけなんなん」 とは北九州弁で「だから、どうしたの?」 という意味です。 鈴木の表現手法は多様に見えますが、このタイトルに象徴されるように、常識をかすかに揺さぶる問いかけが一貫して含まれています。そのどこかユーモアや詩情の漂う表現は、時には哲学的感慨さえも喚起します。
 新作を交えた本展では、映像、写真などを組み合わせたインスタレーションが構想されています。「なにもない、ということもない」という少々謎めいたタイトルのもとに繰り広げられる世界をどうぞご堪能ください。

福岡市の動画サイト「福岡チャンネル」にて鈴木淳氏が本展の紹介をしています。
こちら→

 

「だけなんなん/so what?753」(2011年、映像、エンドレスループ)
※いずれも参考図版です。本展には出品されないものも含まれます。
 
休館日 : 月曜日 
ただし、1月9日(月・祝)は開館し10日(火)に休館
開館時間 : 午前9時30分〜午後5時30分まで
入館は5時まで
会場 : 企画展示室 (2F 常設展示室内)
観覧料 : 一般200(150)円|高大生150(100)
※( )内は20名以上の団体料金
※中学生以下、シルバー手帳、身体障害者手帳、精神障害、者保健福祉手帳、療育手帳提示者とその介護者1名は無料

主催 : 福岡市美術館
助成 : 財団法人福岡文化財団
【関連イベント】
鈴木淳 アーティスト・トーク
2012年2月11日(土・祝)午後2時より
福岡市美術館1階 講堂にて
※参加無料・事前申込み不要です。


「IE」(1995年、インスタレーション)

「いないない、ばああ」(2010年、映像、エンドレスループ)

「だれもいない、ということもない」(2010年、写真)

「トミえもん」(2010年、映像インスタレーション)