福岡の現代美術、その30年の歴史を回顧する 福岡現代美術クロニクル1970−2000
 
  トップページへ   イベント   図録   プレス   福岡県立美術館   福岡市美術館  
 1950年代から60年代にかけての福岡では、前衛美術集団「九州派」が活動したことが知られています。しかし、70年代になって次世代の作家たちが新たな活動を模索し始めたことで、福岡の美術状況が40年後の現在につながる重要な段階に入っていったことは見落とされがちです。本展では、「九州派」以後の停滞した美術状況を打破すべく活動を開始した70年代に活動を始めた作家から、現代につながる新たな動向を代表する作家まで、85作家の作品約130点を展観します。
 この30年間の福岡現代美術は、地方都市である福岡に、美術の「状況」を作るべく、福岡の作家同士、あるいは他都市(他国)の作家と福岡の作家が、「交流」しあってきた結果ということができます。 それゆえ福岡で活躍した作家の代表作を出品するだけでなく、彼らに大きな 影響を与えたと思われる他地域の作家の作品も加え、さらに実験映画の上映など、多角的な構成や展示を試みます。
  本展は福岡県立美術館、福岡市美術館が企画段階から連携し、2館同時開催を行う初の共同企画展です。福岡市内の比較的近い距離に位置し、異なる歴史やコレクションを持つ2つの公立美術館が、それぞれの長年にわたる研究成果を持ち寄り共同作業を行うことは、福岡のアートシーンにおいて画期的なことです。
 福岡を拠点とし、福岡で発表した美術家たちの表現の変遷をたどり直すことで、福岡県内における現代美術の系譜を美術史的な文脈で再検証します。
プロローグ
小松豊、松本芳年、柴田善二、木戸龍一、小田部泰久、柳和暢、藤野忠利、舟一朝

松本芳年《制作 67-VI AbstRaKt Painting 》 1967年 小松豊《AIR》1969年
第一章
小山正、川原田徹、長谷川清、村上勝*、仙頭利通 、小川幸一*、木塚忠広、山野真悟*、江上計太*、和田千秋*、牛島智子、土佐尚子、高向一成、山崎直秀、永崎通久、廣末勝巳、大久保忠春、酒井忠臣、片山武、佐藤文玄、松川英俊、望月菊磨、河原美比古、池松一隆、内野博夫

小山正《孤独なランナー》 1976年
(株)九州セントラルリゾート蔵
村上勝《 Gold Metallic (1) 》 1977年 
福岡市美術館蔵
木塚忠広《シスターボーイ》1979年
第二章
松本俊夫、伊藤高志、森下明彦、伊奈新祐、FMF(フィルム・メーカーズ・フィールド)、川俣正、安齊重男、北山善夫、戸谷成雄、阿部守、大浦こころ、岡部昌生、柳幸典、殿敷侃、武田総章、今泉憲治、桑野進、土田恵子、宮川敬一、金ケ江和隆、石川幸二、石井香久子、新庄良博

伊藤高志《SPACY》(16ミリフィルム)1981年
福岡県立美術館蔵
岡部昌生《Stroke-On the Road at Hiroshimacho in Sapporo, 12 May-30 Jun 1987》 1987年 安齊重男《川俣正 福岡市・和田荘でのインスタレーション》 1983年 ©ANZAI
第三章
ハミッシュ・フルトン、鈴木淳、森秀信、耘野康臣、岡本光博、草野貴世、坂崎隆一、山出淳也、広橋勲、末藤夕香、母里聖徳、森村泰昌、草間彌生、小沢剛、牛嶋均、ナウィン・ラワンチャイクン、蔡國強、ツェレンナドミディン・ツェグミド、ニロファール・アクムット、タン・ダウ、ナムジュン・パイク、藤浩志、元村正信 、世良京子、角孝政、八尋晋、坂井存、後藤章子、成田鐘哲

ナウィン・ラワンチャイクン《博多ドライヴ・イン−博多の全タク シードライバーに 捧ぐ−》1998年
角孝政《SHIRAMI》 1995年 
高橋コレクション
江上計太《Psychedelic Baloquism No.15》
1995年 福岡県立美術館蔵
母里聖徳《ドラムマン》1990年(参考写真)

※本展において重要な美術家であっても、作品が残存していない等の理由で出品を見送った方もいます。