東光院仏教美術室


旧福岡藩主黒田家の菩提寺のひとつであった真言宗寺院・薬王密寺東光院(福岡市博多区吉塚)より寄贈された、同寺旧蔵の仏像・什宝類を展示。本尊《薬師如来立像》、二組の《十二神将像》、慶派仏師の手になる《日光菩薩像》など、平安時代から鎌倉・南北朝時代までの25躯が国指定重要文化財で、それらを順次展示しています。その他、《十二天像》(県指定文化財)や《涅槃図》といった仏画類もあり、年に一度公開しています。