和光薫風 1930年

吉村忠夫(1898/福岡-1952/東京)
絹本着色、掛幅 201.3×169.7cm


 
本作品には、天平時代の風俗を示す女性が描かれています。忠夫は、東京美術学校在学中からこの作品を制作した頃まで、正倉院御物の研究を続けていました。衣服や調度の精密な表現には、そうした研究の成果が存分に発揮されています。よく観察された立葵や撫子の花も調和し、艶やかな印象の画面からは、天平文化の精華が匂うかのようです。北九州市出身の吉村忠夫は、松岡映丘に師事、東京美術学校で日本画を学びました。本図のような歴史風俗画を得意とし、官展を中心に活躍しました。

主な所蔵品リストへ戻る