豊干・寒山拾得図

二幅対
伝・狩野元信(1476〜1559)筆
室町時代
縦56.0cm 横110.5cm
 
 中国・唐時代の豊干禅師は、天台宗国清寺に住み虎に乗って衆僧を驚かすという奇行で知られていました。拾得は、豊干に拾われたことからその名があり、拾得が残飯を与えた寒山は、詩人として知られています。本図は向かって右幅に虎の背に座る豊干、左幅は箒をもつ拾得と談笑する寒山を描いています。豊干と寒山拾得を取り合わせて描いた例は禅画として数多くありますが、本図のように山水を背景に、対幅として描かれることは珍しいと言えます。長く狩野元信筆とされてきましたが、画面構成は、より古い時代の花鳥図屏風との共通性の方が強いようです。狩野派が様式を確立する前の、緊張感をたたえた、力のこもった作品です。

主な所蔵品リストへ戻る