成田 亨《ピグモン》1991年(部分) 個人蔵

「怪獣」を生み出し、「特撮」に情熱を注いだ「芸術家」、史上最大の回顧展!

成田亨(なりたとおる 1929~2002 青森県出身)という芸術家をご存じですか。ウルトラ怪獣のデザイン画を描いた人、といった方が分かりやすいかもしれません。彼は武蔵野美術大学で絵画、彫刻を学んだ気鋭の彫刻家でした。同校在学中にアルバイトで映画「ゴジラ」(1954年)の制作現場を手伝ったことをきっかけに、彫刻制作の傍ら特撮映画の世界にも身を置くようになり、1966 年から68年にかけて制作・放映された特撮テレビ番組「ウルトラQ」「ウルトラマン」「ウルトラセブン」では、主人公の超人、宇宙人、怪獣、そしてメカニックやセット等のデザインを一手に引き受けます。「ガラモン」、「ウルトラマン」、「バルタン星人」などのキャラクターが誕生して半世紀が経過しようとしていますが、それらは世代を超えて今も親しまれています。それは、彼が芸術家として吸収した同時代美術や西洋モダンアートにより培った造形センスを惜しみなく怪獣デザインにつぎ込んだからに他なりません。

しかし、そうした特撮関連の仕事に注力する一方で、成田の絵画や彫刻への情熱はむしろ高まります。多数の油彩画、水彩画を描きながら、彼は古今東西のモンスターへの関心を深め、モンスター関係の作品も数多く制作しました。それは1990年制作の巨大彫刻「鬼モニュメント」(京都府福知山市)に成就しました。
成田亨と言えば、これまで「ウルトラ」の仕事ばかりに注目が行きがちでしたが、本展では、成田亨という1人の芸術家が歩んだ軌跡を多彩な内容でお届けします。青森県立美術館所蔵のウルトラ関係デザイン原画187点をはじめ、「ヒューマン」、「バンキッド」など特撮関連のデザイン原画や未公開の怪獣デザイン原画、手元に遺した絵画、彫刻、そして本展のために再現された特撮セットも加えた総点数700点により、非凡なる才能を秘めていた奇跡の芸術家の知られざる全貌に迫ります。

展示作品数が多いのでどうか時間に余裕を持ってお越しください!

開催概要

会期
2015(平成27)年
1月6日(火)―2月11日(水・祝)
会場
福岡市美術館 特別展示室A
開館時間
9時30分~17時30分(入館は17時まで)
休館日
毎週月曜日、1月13日(火)
〔1月12日(月)は祝日のため開館〕
主催
福岡市美術館、西日本新聞社、
TVQ九州放送
後援
福岡市教育委員会
(公財)福岡市文化芸術振興財団
ジェイコム九州
企画協力
スパンアートギャラリー
地図、交通案内
http://www.fukuoka-art-museum.jp/ja/html/ja04/fs_ja04.html
お問い合わせ
福岡市美術館
〒810-0051 福岡市中央区大濠公園1-6
TEL: 092-714-6051 / FAX: 092-714-6145
http://www.fukuoka-art-museum.jp
観覧料 一般 1,200円(1,000円) 高大生 800円(500円)

※( )内は前売り、20人以上の団体および、満65歳以上の方の割引料金。満65歳以上の方はチケット購入時に年齢が分かる物【健康保険証、運転免許証等】を提示のこと。

※下記該当者は観覧無料

  • 小中学生以下
  • 身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳の提示者とその介護者1名
  • 特定疾患医療受給者証、先天性血液凝固因子障害等医療受給者証、小児慢性特定疾患医療受診券の提示者。

前売り券

チケットぴあ(Pコード: 766-489)、ローソンチケット(Lコード: 81347)、セブンチケット(セブンコード: 034-483)のほか主要プレイガイドにて発売。※会期中は当日料金で販売となります。