リニューアルオープン記念展開催決定 

「これがわたしたちのコレクション+インカ・ショニバレMBE:Flower Power」

2019年3月21日(木・祝)からのリニューアルオープン記念展では、当館が40年以上にわたり収集してきた約16,000点のコレクションの中からダリ、ミロ、ウォーホルなど、当館のスター作品をはじめ代表的な作品を一堂に紹介する「これがわたしたちのコレクション」と、英国を拠点に国際的に活躍する美術家インカ・ショニバレMBEの国内初個展「インカ・ショニバレMBE:Flower Power」を開催します。
本展では、普段は貸会場となるギャラリーを含め、リニューアルした全ての展示室を使用して開催するもので1979年の開館以来、最大規模の特別企画です。

「これがわたしたちのコレクション」

シュルレアリスムからポップアートまで、前衛的な試みに彩られた国内屈指の20世紀美術コレクションに加え、黒田家伝来の至宝、電力王・松永安佐エ門による重要文化財に指定されている茶道具の数々など、近現代美術・古美術ともに人気の高い主要コレクション約250点を展示します。

ウォーホル
ダリ,シャガールほか
コレクション展示準備の様子

「インカ・ショニバレMBE: Flower Power」

英国を拠点に国際的に活躍する美術家インカ・ショニバレMBEの国内初個展。
アフリカにルーツを持つショニバレは、鮮やかな色と奇抜な柄が特徴的な「アフリカンプリント」とも呼ばれる布を作品に用いることで知られています。
アジア、アフリカとヨーロッパの複雑な関係のなかで生まれ、現在も人々に愛されているこの布を使うことで、グローバル時代の世界の繋がりや多様性について表現します。

インカ・ショニバレ氏
インカ・ショニバレMBE
Photo: Courtesy of Marcus Leith RA

インカ・ショニバレMBE
Yinka Shonibare MBE
1962年英国(ロンドン)生まれ。バイアム・ショウ・スクールで美術、ゴールドスミス・カレッジ修士課程で芸術学、哲学を学ぶ。2000年代より数々の国際芸術祭に参加。2005年英国より大英帝国勲章団員(MBE)の称号、2013年ロイヤル・アカデミーより「アカデミー正会員」(RA)の称号を授与される。2010年以降は、屋外彫刻の制作にも取り組む。

ハイビスカスの下に座る少年
《ハイビスカスの下に座る少年》2015年
Courtesy the artist and Stephen Friedman Gallery,
London and Pearl Lam Galleries, Hong Kong.
Shanghai and Singapore
Photographer: Thomas Liu
記念展ご観覧の方には、リニューアルオープンならではの特典付!
  • リニューアルオープン記念展終了後、コレクション展示を1回無料ご招待
  • 抽選で福岡市美術館オリジナルグッズのプレゼント
  • チケット又は半券で、カフェ・レストランでの特典サービス  など

開催概要

会期
2019(平成31)年3月21日(木・祝)~5月26日(日) ※59日間
休館日
毎週月曜日(ただし、4月29日と5月6日は開館し5月7日(火)休館)
時間
午前9時30分~午後5時30分 ※入館は閉館の30分前まで
観覧料
一般1,500円(1,300円)、シルバー1,000円(800円)、高大生1,000円(800円)
※中学生以下、身体障害者手帳等、特定疾患医療受給者証等の提示者は無料。
シルバーは満65歳以上、( )内は前売りおよび20名以上の団体の割引料金。
主催
福岡市美術館、西日本新聞社、毎日新聞社、TNCテレビ西日本、FBS福岡放送、TVQ九州放送
共催
NHK福岡放送局
助成
公益財団法人野村財団、(公財)福岡文化財団、グレイトブリテン・ササカワ財団、大和日英基金