メニュー

開館時間9:30~17:30(入館は17:00まで)

メニューを閉じる

山木裕子   YAMAKI Yuko

専門・研究分野
アジア近現代美術

これまで福岡アジア美術館で、アジアの近現代美術に関する展覧会やレジデンス事業を担当してきました。西洋近代美術が流入する以前から、アジア各地で描かれていた伝統的な絵画の今日的な展開に興味があります。

担当した展覧会・事業
・コレクション展「草原の国から~モンゴル美術の50年」、「〇△□」福岡アジア美術館、2022年4月7日〜6月28日
・コレクション展「あじびde初詣2021~アジアの神さま大集合!」福岡アジア美術館、2021年1月2日〜4月13日
・「博多旧市街まるごとミュージアム2019」承天寺・龍宮寺・善道寺、2019年10月11日〜10月14日
・「博多旧市街まるごとミュージアム2018」川端通商店街・龍宮寺・福岡アジア美術館、2018年10月31日〜11月4日
・「福岡城まるごとミュージアム2018」福岡城跡(多聞櫓・母里太兵衛長屋門)、2018年3月30日〜4月8日
・小企画展「博多でつなぐ東南アジア」承天寺境内、2017年11月1日〜12月25日
・福岡アジア美術館レジデンス事業、2010-2018年
・特別展「第4回福岡アジア美術トリエンナーレ 特別部門 モンゴル画の新時代」福岡アジア美術館、2014年9月6日〜11月30日
・特別展「スタジオジブリ・レイアウト展」、2013年10月12日〜2014年1月26日
・小企画展「現代アジアの作家Ⅴ 華麗なるネパールの神仏―ポーバ絵画の世界」福岡アジア美術館、2011年1月2日〜3月22日
・特別展「現代中国の美術」福岡アジア美術館ほか、2010年11月13日〜2011年1月10日
・特別展「インド サリーの世界」福岡アジア美術館、2007年10月6日〜11月25日
・特別展「ベトナム近代絵画展 花と銃―インドシナ・モダンの半世紀」福岡アジア美術館、2006年6月3日〜7月23日
・小企画展「生活とアートⅣ ロリウッド!―パキスタンの映画ポスター」福岡アジア美術館、2006年2月2日〜3月28日
・小企画展「現代アジアの作家Ⅲ パキスタンの現代細密画」福岡アジア美術館、2004年12月2日〜2005年2月1日
・特別展「現代の東南アジア美術―それぞれの視点」福岡アジア美術館ほか、2003年12月18日〜2004年3月7日
・特別展「モンゴル近代絵画展―その源流と展開」福岡アジア美術館ほか、2002年9月14日〜11月10日

論文/エッセイ
・「アジアにおける社会主義と美術―中国、モンゴル、ベトナム」、「20世紀における仏教美術の展開―ネパール、ブータン、タイ、スリランカ」『アジア美術、100年の旅』図録、pp46-47、pp170-171、2019年
・「モンゴル画の新時代」『第5回福岡アジア美術トリエンナーレ:完全記録集』、2015年 
・「『モンゴル画』の新時代」『第5回福岡アジア美術トリエンナーレ』ヴィジュアル・ガイドブック、pp52-53、2015年
・「現代ポーバ絵画とその背景」『華麗なるネパールの神仏-ポーバ絵画の世界』図録、pp63-68、2011年
・「第11回全国美術展をみて」『現代中国の美術』図録、pp98-106、2010年 
・「福岡アジア美術館のアーカイブ」『第4回福岡アジア美術トリエンナーレ』図録、pp222-223、2009年  
・「インドの伝統細密画について」『インド近代美術の夜明け-カンパニー絵画』図録、2009年 
・「ブータンの現代美術の展開-第3回福岡トリエンナーレの調査から」『第3回福岡アジア美術トリエンナーレ2005』図録、pp170-171、2005年
・「モンゴルの近代アップリケについての考察」『デアルテ』第20号、2004年
・「蒼天と草洋の絵画~モンゴル近代美術の展開」『モンゴル近代絵画展-その源流と展開』図録、pp18-22、2002年

展覧会図録編集
・『華麗なるネパールの神仏-ポーバ絵画の世界』福岡アジア美術館、2011年
・『第4回福岡アジア美術トリエンナーレ』福岡アジア美術館、2009年
・『ロリウッド!-パキスタンの映画ポスター』福岡アジア美術館、2006年
・『パキスタンの現代細密画』福岡アジア美術館、2004年
・『現代中国の美術』福岡アジア美術館、2000年

学会・研究会発表
・「ネパール・現代ポーバ絵画の特質」第23回アジア近代美術研究会、2010年
・「モンゴル近代アップリケについての考察」第68回九州芸術学会、2003年