刷毛目瓜文向付

現川焼
江戸時代 17世紀
高さ3.3cm 口径14.5cm



 現川焼は諌早藩領内の矢上村(現在の長崎市現川)において、諌早藩の保護のもとに元禄から享保年間にかけてのごく短い期間に焼かれた陶器です。その特徴は、磁器を思わせる薄手でシャープな感覚の器胎に、刷毛目模様を地文として、緑釉や白化粧土、鉄錆釉を使用して温雅な絵付けを施した瀟洒で洗練された作風にあります。陶器ながらその研ぎ澄まされた個性的な意匠感覚は、数ある九州陶磁のなかでも極めて特異な存在です。本器も瓜形の器形に鉄錆、緑釉、白化粧土を用いて見込みの片隅に瓜文を描いた変り形の向付で、現川の垢抜けした装飾的作風をよく示す作品です。

 
クリシュナ物語図更紗壁掛
病草紙断簡・肥満の女
泰西風俗図屏風
黒楽茶碗 銘「次郎坊」
寺院鳥獣文様緯絣壁掛
胡猟図
寿老図
如来形立像
牛形
壺形土器
猿投灰釉壺
弥勒菩薩半跏像
刷毛目瓜文向付
色絵花鳥文瓢形瓶
斑釉透文手付台鉢
波文螺鈿鞍
金銀鍍透彫華籠
芦屋香炉釜
古林清茂墨蹟
三十六歌仙画冊