メニュー

開館時間9:30~17:30(入館は17:00まで)

メニューを閉じる
ホーム > 美術館について:ミッションステートメント

福岡市美術館ミッションステートメント

使命

福岡市美術館は、人が美術を通して交流し、
未来を創造する場となります。

福岡市は古来、交流によって発展し、アジアのゲートウェイとして成長を遂げてきました。そうした歴史を背景に、福岡市美術館は1979年に開館し、時代的にも地域的にも幅広いコレクションを、市民とともに築いてきました。このように多彩なコレクションを持つ美術館は、日本においては唯一といってよいでしょう。開館40周年にあたる2019年には、多様性を受け入れながら交流を生み出す、より開かれた美術館となるために、大規模なリニューアルを果たしました。福岡市美術館は、これまでの歩みをふまえ、美術館としての基本的な活動である、美術資料の収集・保存・調査研究・展示公開・教育普及を継続的に行うことを前提に、この使命を掲げ、次のステージへと進みます。

方針

  1. 創造性に満ちた体験と新しい視点との出会いを実現します。
  2. 多様な人々が交流し、美術と共に快適に過ごせるようにします。
  3. 美術館の資源を人々と共有し、未来に伝えます。

活動

  • 紀元前の考古資料から現代美術までの幅広いコレクションを活かし、新たな視野を開く展示会、教育プログラムを開催します。
  • 表現活動を支えて美術界の活性化に寄与するとともに、創作活動の成果の発表の場を提供します。
  • 幅広い文化活動を行うことで、人々が美術と接する新たな機会をつくります。
  • すべての人々が、安全にかつ安心して過ごせる環境を整えます。
  • 美術に関する資料・情報・経験を蓄積し、これらを公開・発信し、活用できるようにします。
  • 常に活動をふりかえり、未来に向けて、人々と共に成長し続けます。