メニュー

休館中2019年3月21日開館予定

メニューを閉じる
ホーム > 来館案内:キッズスペース 森のたね

キッズスペース  森のたね

キッズスペース 森のたね

福岡市美術館の2階には、小さな子どもとその保護者がくつろぐための場所「キッズスペース 森のたね」があります。制作したのはアーティスト・オーギカナエさん。
このスペースでは、畳の上でゆっくり絵本を読めるだけでなく、壁からとりはずしができるオブジェで遊ぶこともできます。このオブジェは当館の所蔵品をモティーフにしてつくられています。そして、壁の絵は、当館の周辺や大濠公園、福岡の街をイメージして描かれました。福岡の街がキッズスペースへとつながり、そしてキッズスペースが展示室へとつながるよう、考えられた空間となっているのです。
「森のたね」という名前には、「小さな子どもたちが心に持つ美術のたねを育む場所にしたい!」という当館スタッフとアーティストの願いが込められています。
男性の保護者も入れる授乳室「赤ちゃんの休憩室」と女性専用の授乳室を併設しています。

オーギカナエ
佐賀県唐津市生まれ。福岡県久留米市在住。作品発表のほか、2000年代以降、多くのワークショップを行う。また、インスタレーション作品の延長として、教会や授乳室、子どものためのスペースなどの空間制作も手がけている。

利用時のお願い

利用時間
午前9時30分~午後5時30分
7月~10月の金・土曜日は午前9時30分~午後8時