開館時間9:30~17:30(入館は17:00まで)

メニューを閉じる
ホーム > 展覧会 > コレクション展 近現代美術

コレクション展 近現代美術

コレクションハイライト
コレクション展 近現代美術

コレクションハイライト

会期 2023年6月22日(木)〜2024年4月30日(火)
開館時間 午前9時30分~午後5時30分 7月~10月の金・土曜日は9:30~20:00
※最終入館は閉館の30分前まで
休館日 月曜日※月曜日が祝日・振替休日の場合はその後の最初の平日
年末年始(12月28日~1月4日)
会場 近現代美術室A・C
作品リスト List_Collection_Highlights2023_upd.pdf (1012 KB)

■近現代美術室A
コレクションハイライト①  福岡市美術館のスターたち
 福岡市美術館では20世紀の美術史の流れをたどるすぐれた作品を収集しています。
ここでは、その中でも選りすぐりの作品、いわば福岡市美術館のスター作品を展示します。

■近現代美術室C
コレクションハイライト②  美術散歩にでかけよう
 福岡市美術館が所蔵する近現代の美術作品を、テーマごとに4つの場所にみたてて展示します。
 4つのコーナー(「1現実と夢の森」、「2 物質と感覚の海」、「3 色とかたちの宇宙」
、「4 歴史と記憶の都市―未来へ」)の作品は、ゆるやかに時代順に並んでおり、20世紀以降の美術の流れをたどることができます。
 さまざまな場所を、散歩するような軽やかな気分でめぐり、お気に入りの作品をみつけてみませんか。

 

画像:ジョアン・ミロ《ゴシック聖堂でオルガン演奏を聞いている踊り子》1945年
©Successió Miró /ADAGP, Paris & JASPER, Tokyo, 2023 G3166

田中千智《生きている壁画》
コレクション展 近現代美術

田中千智《生きている壁画》

会期 2023年1月5日(木)〜2025年12月27日(土)
開館時間 午前9時30分~午後5時30分 ※7月~10月の金・土曜日は午前9時30分~午後8時
※入館は閉館の30分前まで
休館日 月曜日、年末年始(12月28日~1月4日)
※月曜日が祝日・振替休日の場合はその後の最初の平日
会場 2階 コレクション展示室 最終壁面

福岡の画家・田中千智が、企画展「田中千智展 地平線と道」(2023年1月5日~3月21日)の一部として制作した壁画です。2023年1月末に第1段階、2024年1月に第2段階が完成しました。この後、2025年1月に加筆をおこない、第3段階と画面が変化していく予定です。最終的には2025年12月末まで展示の予定です。

<作家紹介>
田中千智(1980年生まれ)
2005年多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻卒業後、2006年より福岡を拠点に作家活動を開始しました。アクリル絵具を使ったフラットな漆黒の背景に、艶やかな油彩で前景を描くという独自の手法を開拓した田中の作品には、笑みとも怒りともとれる人物の表情、漆黒の中にきらめく風景など、相反する要素が組み合わされ、観る者に強い印象を与え、その想像力をかきたてます。多数の個展・グループ展のほか、書籍の装丁画、小学館新本社ビルの大作壁画など幅広い活動をおこない、いまや福岡を拠点とする作家の代表格のひとりとなっています。

<アーカイブ>
第1段階制作時に開催した、企画展「田中千智展 地平線と道」は下記よりご覧いただけます。
企画展「田中千智展 地平線と道」

 

 

田中千智制作風景1

田中千智《生きている壁画》2023年(全図)l

下記料金でコレクション展(古美術、近現代美術)および企画展をご覧いただけます。

一般  200円(150円)  
高大生  150円(100円)  
中学生以下  無料

※( )内は20名以上の団体料金。
※観覧券購入の際、クレジットカード、電子マネー、QRコード決済がご利用いただけます。

ご利用いただけるキャッシュレス決済
Visa/Mastercard/銀聯/JCB/アメリカン・エキスプレス/Diners Club
交通系ICカード(9種類)/iD/WAON/QUICPay/LINE Pay/PayPay/楽天 ペイ
d払い/au Pay/メルペイ/ゆうちょ Pay/Alipay/WeChatPay


※次の手帳等をご提示の方は無料。身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳(以上は介護者1人を含む)/特定医療費(指定難病)受給者証/特定疾患医療受給者証/先天性血液凝固因子障害等医療受給者証/小児慢性特定疾病医療受給者証/福岡市、北九州市、熊本市、鹿児島市在住の65歳以上は住所と生年月日がわかるもの
※障害者手帳アプリ「ミライロ ID」も使用できます。