メニュー

休館日本日休館日

メニューを閉じる
ホーム > 展覧会 > コレクション展 古美術

コレクション展 古美術

《絵唐津菖蒲文茶碗》(重要文化財)田中丸コレクション
コレクション展 古美術

田中丸コレクション 唐津と高取

会期 2019年5月28日(火)〜7月28日(日)
開館時間 午前9時30分~午後5時30分 7~10月の金・土曜日は午後8時まで開館
(入館は閉館の30分前まで)
休館日 月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は、その後の最初の平日)
会場 古美術企画展示室
作品リスト tanakamaru_no.6.pdf (3.4 MB)

福岡玉屋の経営者・田中丸善八氏が蒐集した田中丸コレクション。その中核をなす唐津焼と高取焼に当館所蔵品を交えて展示します。

画像:《絵唐津菖蒲文茶碗》(重要文化財)田中丸コレクション

松永耳庵
コレクション展 古美術

松永耳庵の茶

会期 2019年5月28日(火)〜7月28日(日)
開館時間 午前9時30分~午後5時30分 7~10月の金・土曜日は午後8時まで開館
(入館は閉館の30分前まで)
休館日 月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は、その後の最初の平日)
会場 松永記念館室
作品リスト premodern_no.227.pdf (2.8 MB)

「電力王」と称された実業家にして、耳庵と号する茶人でもあった松永安左エ門のコレクションを、エピソードとともに紹介。

《薬師如来立像》 (重要文化財)平安時代 12世紀
コレクション展 古美術

東光院のみほとけ

会期 2019年5月28日(火)〜2020年3月31日(火)
開館時間 午前9時30分~午後5時30分 7~10月の金・土曜日は午後8時まで開館
(入館は閉館の30分前まで)
休館日 月曜日/12月28日~1月4日
(月曜日が祝日・振替休日の場合は、その後の最初の平日)
会場 東光院仏教美術室

薬王密寺東光院(福岡市博多区吉塚)から寄贈された重要文化財を含む仏像を展示します(期間中展示替えあり)。お寺を思わせる空間へと生まれ変わった展示室で、みほとけの姿をこころゆくまでご堪能ください。

画像: 《薬師如来立像》 (重要文化財)平安時代 12世紀

長谷川派≪韃靼人狩猟図屏風≫
コレクション展 古美術

夏休みこども美術館2019「美術のひみつ~昔の美術編」

会期 2019年7月30日(火)〜9月29日(日)
開館時間 午前9時30分~午後5時30分 7~10月の金・土曜日は午後8時まで開館
(入館は閉館の30分前まで)
休館日 月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は、その後の最初の平日)
会場 古美術企画展示室

この美術作品は何でできてるの?どこから来たの? どういうところが面白いの? そんな秘密をお見せします。学芸員たちが知る、とっておきの秘話もご紹介します。

チラシPDFはこちらからダウンロードいただけます(1.2MB)

画像: ≪韃靼人狩猟図屏風≫

《小代足付輪花鉢》田中丸コレクション
コレクション展 古美術

田中丸コレクション 九州古陶の美

会期 2019年7月30日(火)〜9月29日(日)
開館時間 午前9時30分~午後5時30分 7~10月の金・土曜日は午後8時まで開館
(入館は閉館の30分前まで)
休館日 月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は、その後の最初の平日)
会場 古美術企画展示室

唐津、高取、上野(あがの)、八代、小代、薩摩、 現川(うつつがわ)など、バラエティ豊かな九州 古陶の魅力を紹介。

画像:《小代足付輪花鉢》 田中丸コレクション

〈黒楽茶碗 銘「次郎坊」〉
コレクション展 古美術

茶人の「好み」

会期 2019年7月30日(火)〜9月29日(日)
開館時間 午前9時30分~午後5時30分 7~10月の金・土曜日は午後8時まで開館
(入館は閉館の30分前まで)
休館日 月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は、その後の最初の平日)
会場 松永記念館室

「好み」とは、茶人が創意工夫によって生み出した独自のデザインのことです。本展では、利休、織部、遠州といった茶人たちの「好み」を通して、彼らの美意識や時代の価値観をご紹介します。

画像:《黒楽茶碗 銘「次郎坊」》 桃山時代 16世紀

尾形乾山《花籠図》(重要文化財)
コレクション展 古美術

秋の名品展

会期 2019年10月1日(火)〜12月1日(日)
開館時間 午前9時30分~午後5時30分 ※7~10月の金・土曜日は午後8時まで開館
(入館は閉館の30分前まで)
休館日 月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は、その後の最初の平日)
会場 松永記念館室

秋の風趣に相応しい松永コレクションの名品を精選。茶室展示ケース「春草廬」では、松永耳庵が秋の茶会の定番としていた尾形乾山筆《花籠図》、《柿蔕茶碗 銘白雨》を展示し、耳庵の茶席を再現します。

画像:尾形乾山 《花籠図》 (重要文化財)

《鍋島 染付山水図大皿》
コレクション展 古美術

青と白の華やぎ―染付

会期 2019年12月3日(火)〜2020年2月2日(日)
開館時間 午前9時30分~午後5時30分 (入館は閉館の30分前まで)
休館日 月曜日/12月28日~1月4日
(月曜日が祝日・振替休日の場合は、その後の最初の平日)
会場 古美術企画展示室

染付の器が織りなす、青と白による美の世界。 当館所蔵の中国、ベトナムの青花と、古伊万里 の染付作品が一堂に。

画像:《鍋島 染付山水図大皿》

 

《柿右衛門様式 色絵花鳥文大蓋物》
コレクション展 古美術

使う器/見る器

会期 2019年12月3日(火)〜2020年2月2日(日)
開館時間 午前9時30分~午後5時30分 (入館は閉館の30分前まで)
休館日 月曜日/12月28日~1月4日
(月曜日が祝日・振替休日の場合は、その後の最初の平日)
会場 古美術企画展示室

墓に副葬される器、儀式に用いる器、飾りとしての器…。古今東西の陶磁器により、器に託された様々な役割に注目します。

画像:《柿右衛門様式 色絵花鳥文大蓋物》

〈尹大納言絵詞〉
コレクション展 古美術

線のチカラ

会期 2019年12月3日(火)〜2020年2月2日(日)
開館時間 午前9時30分~午後5時30分 (入館は閉館の30分前まで)
休館日 月曜日/12月28日~1月4日
(月曜日が祝日・振替休日の場合は、その後の最初の平日)
会場 松永記念館室

筆墨による線描の作品を紹介します。華麗な線や荒々しい線など様々な表情にご注目ください。

画像:《尹大納言絵詞》 (重要美術品) 南北朝時代  14世紀

岩佐又兵衛 《三十六歌仙絵 第4図 「伊勢」》
コレクション展 古美術

近世絵画名品展

会期 2020年2月4日(火)〜4月12日(日)
開館時間 午前9時30分~午後5時30分 (入館は閉館の30分前まで)
休館日 月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は、その後の最初の平日)
会場 古美術企画展示室

開催中の特別展「大浮世絵展」に合わせて、当館の近世絵画コレクションから選りすぐりの名品を紹介します。

画像:岩佐又兵衛《三十六歌仙 第4図「伊勢」》江戸時代 17世紀

《唐物驢蹄口茶入》附属 挽家と仕覆
コレクション展 古美術

茶道具の「次第(しだい)」

会期 2020年2月4日(火)〜4月12日(日)
開館時間 午前9時30分~午後5時30分 (入館は閉館の30分前まで)
休館日 月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は、その後の最初の平日)
会場 松永記念館室

「次第」とは、古い茶道具とそれに附属する様々な物の総称。松永コレクションの名器を、次第とともに展示します。

画像:《唐物驢蹄口茶入》附属 挽家と仕覆

下記料金でコレクション展(古美術、近現代美術)および企画展をご覧いただけます。

一般  200円(150円)  
高大生  150円(100円)  
中学生以下  無料

※( )内は20名以上の団体料金。
※観覧券購入の際、交通系ICカード及びLINE Payがご利用いただけます。
※次の手帳等をご提示の方は無料。身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳(以上は介護者1人を含む)/特定医療費(指定難病)受給者証/特定疾患医療受給者証/先天性血液凝固因子障害等医療受給者証/小児慢性特定疾病医療受給者証/福岡市、北九州市、熊本市、鹿児島市在住の65歳以上は住所と生年月日がわかるもの