メニュー

開館時間9:30~17:30(入館は17:00まで)

メニューを閉じる
ホーム > イベント > 「富野由悠季、『赤毛のアン』を見ながら高畑勲を語る。」
富野由悠季 氏

富野由悠季 氏

講演会

「富野由悠季、『赤毛のアン』を見ながら高畑勲を語る。」

日時 2021年6月20日(日)
午後2時~午後4時

会場 ミュージアムホール
料金 参加無料 ※事前申込、要観覧券(半券可)
申込方法はこちら
定員 180名
講師 富野由悠季 氏 (アニメーション監督、演出家、作家)

『機動戦士ガンダム』の総監督として知られる富野由悠季氏は、『アルプスの少女ハイジ』、『母をたずねて三千里』、『赤毛のアン』で、しばしば絵コンテを手掛け、高畑勲監督とともに仕事をしました。この講演会では、彼が絵コンテを担当した『赤毛のアン』の第8章「アン日曜学校へ行く」を、富野監督とともに視聴します。 その後、富野監督より高畑勲監督について様々なお話を伺います。
なお、この回の絵コンテの一部は、2019-21年に開催された企画展「富野由悠季の世界」(福岡市美術館他巡回)に出品されました。

■上映作品
『赤毛のアン』第8章 『アン日曜学校へ行く』(約25分)
富野監督絵コンテ担当回作品

■特別講師
富野由悠季 氏 (アニメーション監督、演出家、作家)
1941年生まれ。神奈川県小田原市出身の日本を代表するアニメーション監督、演出家、作家。本名は富野喜幸。斧谷稔、井荻麟、井草明夫などの名義も持つ。日本大学芸術学部を経て、64年に手塚治虫率いる虫プロダクションへ入社。日本初の本格TVアニメ『鉄腕アトム』の演出を手掛け、虫プロ退社後はフリーとして活躍。72年に『海のトリトン』で監督デビュー。79年に『機動戦士ガンダム』の監督を務め、アニメブームを起こす。以来、多くのテレビアニメ、劇場アニメを手掛け、コンスタントに監督業等を務めながら、講演、執筆、対談など幅広く活動。2019年には、文化庁長官表彰を受賞。企画展「富野由悠季の世界」展が青森県立美術館で開催中(5月9日まで)。

 

 

【申込方法】関連イベントページよりお申込みください。

【申込締切】6月4日(金)

【お問合せ先】西日本新聞イベントサービス
TEL:092-711-5491(平日午前9時30分~午後5時30分)

※応募多数の場合は抽選とさせていただきます。
※ご応募の際にいただいた個人情報は、 本イベントの連絡にのみ使用させていただきます