メニュー

開館時間9:30~17:30(入館は17:00まで)

メニューを閉じる
ホーム > イベント > 市民フォーラム
学術研究賞 タイモン・スクリーチ氏

学術研究賞 タイモン・スクリーチ氏

講演会

福岡アジア文化賞
市民フォーラム
「神仏となった徳川家康-美術と建築からみる東照宮信仰」

日時 2022年9月28日(水)
午後3時~午後5時

アーカイブ配信:10月3日(月)~11月2日(水)

会場 福岡市美術館 1階 ミュージアムホール
料金 無料
申込方法はこちら
定員 会場参加:180名
講師 学術研究賞 タイモン・スクリーチ(英国/美術史家) 国際日本文化研究センター教授
対談者/田中優子 法政大学名誉教授 法政大学江戸東京研究センター特任教授

 1652年に福岡藩主黒田忠之が建立した福岡東照宮を始め、東照宮は全国で250余も建立されました。現在も続く東照大権現(徳川家康)信仰は何故、またどのようにして始まり、広がっていったのでしょうか。タイモン・スクリーチ氏が美術と建築を通して歴史の深層に迫ります。また本講演に引き続き、江戸研究者・田中優子氏との対談「江戸学の現在を語る」が企画されています。
※日本語による講演です。

下記のアドレス、または2次元コードよりお申し込みフォームに必要事項をご記入ください。

https://entry.convention.co.jp/f-system3/view/view_form.php?form_id=6886&code=1f299

申込締切 会場参加:9月14日(水)
     アーカイブ配信:9月29日(木)