メニュー

開館時間9:30~17:30(入館は17:00まで)

メニューを閉じる
ホーム > イベント > 小さなメディアに思いをのせる 藤森静雄と『月映』の時代
藤森静雄が初めて手掛けた木版画作品(《五月》1914年3月24日 木版、紙)

藤森静雄が初めて手掛けた木版画作品(《五月》1914年3月24日 木版、紙)

講座

つきなみ講座
小さなメディアに思いをのせる 藤森静雄と『月映』の時代

日時 2019年6月22日(土)
午後3時~午後4時

30分前より受付開始。

会場 レクチャールーム
料金 参加無料。先着順。
定員 54名
講師 忠あゆみ(当館学芸員)

彫刻刀さえあれば気軽にはじめられ、プリントすることで誰とでも共有することができる木版画。その木版画を紙に綴じた出版物「版画誌」は約100年前に全国各地で流行し、美術を志す青年たちの重要な表現手段でした。開催中の「藤森静雄と『月映』の作家」で紹介している作品を中心に、当時の版画誌についてお話します。