延長9:30~20:00(入館は19:30まで)

メニューを閉じる
ホーム > 展覧会 > 生誕260年 世を観る眼 白醉庵(はくすいあん)・吉村観阿(よしむらかんあ)
生誕260年 世を観る眼 白醉庵(はくすいあん)・吉村観阿(よしむらかんあ)
企画展

生誕260年 世を観る眼 白醉庵(はくすいあん)・吉村観阿(よしむらかんあ)

会期 2024年11月27日(水)〜2025年1月19日(日)

吉村観阿(1765-1848)は、江戸時代後期、茶の湯道具の“目利き”で人生を切り開いた人物です。大名茶人・松平不昧や新発田藩主・溝口家に出入りし、蔵品の鑑定や数寄道具の取り次ぎで活躍。そうした実績から観阿の箱書きはそれ自体が価値となり、現代に至るまで高く評価されています。本展は観阿が大名茶人らに取り次いだ茶道具や、江戸における様々な文化人との交流を物語る資料を展観し、知られざる目利きの足跡とその美意識にせまります。

画像:《白呉須獅子蓋香炉》明時代16~17世紀 個人蔵 

 

名称

生誕260年 世を観る眼 白醉庵(はくすいあん)・吉村観阿(よしむらかんあ)

会期 2024年11月27日(水)〜2025年1月19日(日)
開館時間 午前9時30分~午後5時30分
※入館は閉館の30分前まで
休館日 月曜日、12月28日(土)~1月4日(土)
※1月13日(月・祝)は開館し、1月14日(火)は休館
会場 1階 古美術企画展示室