メニュー

開館時間9:30~17:30(入館は17:00まで)

メニューを閉じる
ホーム > イベント > 劇場作品上映会『伝説巨神イデオン 接触篇/発動篇』  
©サンライズ

©サンライズ

上映会

「富野由悠季の世界」関連イベント
劇場作品上映会『伝説巨神イデオン 接触篇/発動篇』  

日時 2019年8月10日(土)
午後4時~

終演:午後7時(予定)

会場 ミュージアムホール
料金 申込不要、参加無料
受付:いずれも開演時間の30分前より開場、先着順。開演時間1時間前より、スタッフにより列整理を始めます。その前のお並び及び場所取りに関しましては、スタッフにより無効とさせていただき、列の解散および場所取りの撤去をいたします。予めご了承ください。
定員 180名

富野由悠季監督作品『伝説巨神イデオン 接触篇/発動篇』(1982年 松竹 接触篇84分/発動篇99分)の2本同時上映会を開催します。

 

無限力「イデ」をめぐって2つの人類が激突。壮大なスケールで描かれるSF叙事詩!

西暦2300年代。地球の植民惑星「ソロ星」で発見された第6文明人の「遺跡」。その「遺跡」には、異星人バッフクランが求める謎の無限力「イデ」の秘密が込められていた。偶発的な事件から、両者は交戦状態に。その時、地球の青年コスモらが乗り込んだ「遺跡」から発掘されたメカ=伝説の巨神イデオンが意志を持ったかのように動き出した。両者は相互に誤解を重ね、大規模な戦争に発展。エスカレートする戦いの中、ついに「イデ」が発動…。

1980年のテレビ版をまとめた「接触篇」と、テレビでは制作されなかった真の結末を新作画で描いた「発動篇」の同時上映。「発動篇」の衝撃のラストシーンは、現在のデジタル処理にも劣らない作画と画面構成となっている。異なった人類同士の戦いの中に、「善く生きるとは」という哲学的な問いを織り込んだ、富野アニメの最高峰!