メニュー

休館日本日休館日

メニューを閉じる
ホーム > 展覧会 > 九州派展
九州派展
企画展

九州派展

会期 2015年10月28日(水)〜2016年1月17日(日)

福岡の戦後美術史を語る上で忘れてはならない動向が、前衛美術集団「九州派」の活動である。
1957(昭和32)年、桜井孝身、オチオサムらを中心に福岡の若い画家たちが集い、「地方」と「生活」をよりどころに、東京中心の既存の美術システムから独立した活動を展開したグループである。三井三池争議を中心とした労働争議の盛り上がりを背景に、生活者の視点から「前衛」を標榜した彼らは、当時数多くあった前衛グループの中でも異彩を放っている。
当館は、1988(昭和63)年に初めて九州派の回顧展を開催し、以降主要な作品は当館で収集し、折に触れ常設展示を行ってきた。その間に国内外で新たな視点から九州派の再評価がなされつつあり、戦後美術史における九州派の位置は重要さを増している。本展では、当館所蔵品を中心として、元九州派の美術家、所蔵家、他の美術館の所蔵品など66点を展示し、関連資料の紹介も充実させて九州派の全貌に迫った。グループ結成からまもなく60年が経過しようという今、「地方」で「前衛」を名乗った美術家たちの作品群は、色あせるどころか、むしろ輝きを増している。激動の時代に向き合った画家たちの「熱気」は、「戦後」という時代、「福岡」という地方についての捉え直しを、いま私たちに迫っている。
本展開催に合わせ、当館では「福岡市美術館叢書6九州派大全」を企画編集し、公益財団法人福岡市文化芸術振興財団より発行した。

名称

九州派展

会期 2015年10月28日(水)〜2016年1月17日(日)
会場 日本画工芸室・小作品室・企画展示室
主催者 福岡市美術館
協力 福岡県立玄洋高等学校
助成 芸術文化振興基金、(公財)福岡文化財団
作品リスト kyushuha_list.pdf (235 KB)