メニュー

開館時間9:30~17:30(入館は17:00まで)

メニューを閉じる
ホーム > イベント > 「浮世絵の愉しさ、懐かしさ」
「大浮世絵展・特別講演会」

「大浮世絵展・特別講演会」

講演会

「浮世絵の愉しさ、懐かしさ」

日時 2020年2月1日(土)
午後2時~午後3時30分

会場 福岡市美術館1階・ミュージアムホール
料金 ※聴講無料。ただし本展観覧券またはその半券の提示が必要。
申込方法はこちら
講師 小林 忠 氏(国際浮世絵学会会長、岡田美術館館長)

大浮世絵展の企画・監修に携わられた小林忠氏による特別講演会です。
江戸時代絵画史の権威で、浮世絵研究にも多大な功績を残してこられた
小林氏に浮世絵の魅力と本展の見どころについてお話しいただきます。

【小林忠氏プロフィール】
1941年生まれ。東京大学美術史学科卒業、同大学院修士課程修了。
東京国立博物館絵画室員、名古屋大学助教授、東京国立博物館資料調査室長・
情報調査研究室長、学習院大学文学部哲学科教授(定年退任後、名誉教授)、
千葉市美術館館長を経て、現在岡田美術館館長、美術雑誌『國華』主幹。
専門は江戸時代絵画史。
『江戸絵画史論』(瑠璃書房)
『浮世絵の魅力 江戸の庶民文化』(ビジネス教育出版社)
『江戸の絵を読む』(ぺりかん社)
『日本水墨画全史』(講談社学術文庫)
『江戸の浮世絵』(藝華書院)など著書・共編著多数。
1983年『江戸絵画史論』でサントリー学芸賞、1995年内山晋米寿記念浮世絵奨励賞受賞。
国際浮世絵学会会長。

【お申込み方法】
 ハガキ、FAX、Eメールにご希望の講演会名、郵便番号、住所、参加者全員の氏名
(ふりがな)、年齢、電話番号、希望人数(1件につき、最大2名まで受付可)を明記のうえ、
 下記宛にお申込みください。

【申込み・お問合せ先】
 〒810-0001 福岡市中央区天神1-4-1 西日本新聞イベントサービス内「大浮世絵展」係
 E-mail:ukiyoe_fuk@nishinippon-event.co.jp
 FAX:092-731-5210
 TEL:092-711-5491(平日午前9:30~午後5:30)

【締切】
 2020年1月16日(木)必着

 ※2名でご応募される場合は、それぞれの氏名、年齢を明記してください。
 ※応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。
 ※当選者の発表は聴講券の発送をもってかえさせていただきます。
 ※ご応募の際にいただいた個人情報は、本イベントのご連絡のみに使用させていただきます。