メニュー

延長9:30~20:00(入館は19:30まで)

メニューを閉じる
ホーム > ブログ
福岡市美術館ブログ

新着投稿

カテゴリー:イベント

イベント

植物園で「想いの種」を作ろう!

先日、10月2日(土)、福岡市植物園とのコラボ企画「植物園で『想いの種』を作ろう!」というワークショップを開催しました。今回はその様子をご報告します。

これまで植物園とは何度かコラボ企画を行ってきました。植物園と美術館、普段はそれぞれの分野で活動を行っていますが、コラボすることで参加者にも私たちにもいつもとは違った視点でアートや自然に目を向ける機会になるのではないかと思っています。

今回のワークショップは「種」がテーマ。誰かに届けたい想いを植物の種に見たてて作品にするちょっと変わったワークショップです。なぜ種なのか?そこにはひとつの理由があります。

実はこのワークショップ、北海道出身のアーティスト・小林重予さん(1957-2017)が全国各地で行なっていたものを、当館のアウトリーチプログラムのひとつとして再構成したものなんです。植物、特に種や果実をモチーフにした作品を多く手がける小林さんは、神秘的な植物の世界に影響を受け、日々感じる想いを植物の姿に重ね表現しています。このワークショップには、種の持つふしぎな力や植物の生きる姿に触れ、自分の想いを形にする体験を楽しんでほしいという小林さんの想いが込められているのです。

この日は福岡でも緊急事態宣言が解除された直後の週末、秋晴れの良いお天気にも恵まれて、会場となった植物園も朝から多くの来場者で賑わっています。参加者のみなさんも朝10時の開始時刻にあわせて次々に到着、3組の親子を含め12名の方にご参加いただきました。

ワークショップは最初に植物園スタッフの佐藤ひとみさんに種の話を聞き、小林さんの紹介と作品鑑賞をした後、園内の植物の種を観察、お昼をはさんで午後から作品制作という流れで進めました。

大切なのは種の形やはたらきを見て、そこから作品のイメージをふくらませること。なんといっても植物園は種の宝庫!いろんな種類の種に触れることができるのも植物園ならではです。植物は子孫を増やすため、種にさまざまな仕掛けや工夫をこらしています。風にのって運ばれる種、鳥や動物に運ばれる種、なるべくタイプの違う種を観察できるよう佐藤さんに案内してもらいました。

種の説明をする佐藤さん

先端がカギ状になって人の服や動物の毛にくっつくダイコンソウの種、さやがはじけて遠くへ種を飛ばすゲンノショウコ、プロペラのような形でくるくる回りながら落ちていくミツデカエデやメグスリノキの種など。遠くへ運ばれるために進化した種の形にみなさん興味津々で、種を服にひっかけてみたり、手にとって飛ばしてみたり、普段なかなか気づかない種の魅力に惹きつけられていました。種や植物にまつわる佐藤さんの話も興味深く、参加者からもたくさんの質問が出ます。園内を歩くこと1時間、部屋に戻ったときにはみなさんの手にたくさんの種がありました。 

午後はいよいよ作品作り。気になった種の形や特徴をヒントに、誰にどんな種を届けたいか、まずは言葉にしてみます。形は?においは?もらった人はどんな気持ちになる?などなど。身近な人への想い、たくさんの人への想い、参加者のみなさんが言葉にした想いの種には、想いを馳せた人への大切な気持ちが込められていました。

一緒に参加したお子さんや遠く離れた外国で暮らす娘さんを愛おしく思う言葉にはじんとしましたし、お友達にチョコレートのようなにおいのする楽しい種を贈りたいなんていう微笑ましい言葉もありました。一方で困難な状況にある人へ届けたい希望の種、未来への不安をかかえる人に幸福を届ける種もあります。全国各地に飛んで行って、ワクワクドキドキを届けたいなんていう種も。

 

 

 

 

 

 

 

 

最後は自分がつづった言葉からイメージする種の形を考えました。形は小林さんが描いた種のパーツを組み合わせて作るのですが、もちろん自由に描くのもOK。ただ、小林さんの種の絵はどれも魅力的でかわいらしく、それを選ぶのも楽しい作業です。気に入ったパーツをひとつひとつ向きや配置を考えて、丁寧に形を作っていきます。形ができたら、色を塗ったり、毛糸やリボンで飾りをつけたりして完成です。


長時間のワークショップにもかかわらず、参加者のみなさんは、屋外での植物観察や作品作りを楽しんでくれたようでした。小林さんの想いから生まれたこのワークショップ。まだ始まったばかりですが、その想いとともにこれからもいろいろな場所で自然とアート、人と人のつながりを感じられる機会を作っていければと思っています。

次回は、油山市民の森とのコラボです!

こちらは11月23日(火・祝)と28日(日)、2日間を通してのロングバージョン。1日目は油山市民の森で、森を散策しながら種を観察します。そして2日目は美術館で「想いの種」を制作。こちらは今回と少し違って、粘土などを使った立体作品を作ります。こちらも楽しく2日間を過ごしてもらえると思いますので、ぜひみなさんご参加ください。

応募方法など、詳細はこちらをご覧ください。

教育普及専門員 中原千代子

教育普及
イベント

夏休みこどもワークショップ「きってはってこわい絵をつくろう!」&「オンラインでみるみるこわい絵の世界」

まだまだ夏の暑さが残りますが、夏休みこども美術館「みるみるこわい絵の世界」は8月末で無事に終了しました。今回のブログではこの展覧会に合わせて行った、こどもワークショップについて書きたいと思います。

こどもワークショップは2種類行いました。ひとつは「きってはってこわい絵をつくろう!」というワークショップです。参加したこどもたちに自分が考える「こわい」を、いろいろな素材をつかって、いわゆるコラージュの技法で絵にしてもらおうというものです。こちらは8月8日(土)と23日(日)の2回開催しました。

最初に、「美術館にもこわい絵があります!」ということで、「みるみるこわい絵の世界」の展示をいっしょに見てまわりました。いつもなら、対話型ギャラリートークで子どもたちの意見を聞いたりするのですが、今回は新型コロナウイルス感染症のことを考え、お互いにおしゃべりは控えてトークをする者が、絵の「こわい」ポイントについて話しました。それでも、みんな耳を傾けて、言われた部分を見つけては頷いたり目を凝らしたりして作品をよく見て、驚きの表情を浮かべたりしていました。

展示室を後にして部屋に戻ると、さっそく制作スタートです。「中身は見ないでね」と予め渡していたお楽しみ袋を開けて中を確認。中身は制作のための材料で、色紙や包装紙、セロファン、毛糸などの様々な素材が入っています。最初に選んでもらった色付きの台紙に、はさみとのり、セロハンテープをつかって切り貼りして作品をつくっていきます。すぐに手を動かしはじめる子、じっくり考えてちょっとずつ形にしていく子、ひとりひとり自分のペースで「こわい絵」をつくっていきます。

出来上がった作品を発表してもらいました。

写真の作品は真ん中がこわいおじさんで、こわいから周りに四角い紙やセロファンを貼って扉のように覆っている絵です。こわいものを閉じ込めてしまう発想、私だったら思いつきません。おもしろい!

こちらはこわい絵が壁にかかっているという絵だそうです。真ん中がこわい絵でまわりは展示の壁なんだそう。まさかこうくるとは…!

他にも恐竜や鬼、怨霊、魚がきたない海で吊り針にかかり苦しそうな場面などさまざまな「こわい絵」が出来上がりました。出来上がった作品をみてみると、こわいと思うものは人によって違うし、表現の方法も人それぞれなのだと思わされます。みんな違っていておもしろいです。コロナの影響で当館では久々の開催となったワークショップ、人数制限・手洗いなどいろいろな対策をしながらではありますが、なんとか無事に終了することができました。参加されたこどもやその保護者の方に楽しかったです!と言われてとても嬉しかったです。お越しいただいたみなさま、ありがとうございます!

さて、2つ目のワークショップは、流行り(?)のオンラインワークショップです。その名も「オンラインでみるみるこわい絵の世界」。8月12日(水)と17日(月)の2日で午前午後の計4回実施しました。こちらはzoomを使いオンライン上で「みるみるこわい絵の世界」に展示している作品を、おしゃべりしながらみんなでいっしょに見るというものです。

おしゃべりしながら作品をいっしょにみるというのは、本来当館で行っているギャラリーガイドツアーの内容です。これと同じことをオンラインでやろうと思って取り組んだのですが、…オンライン、ちょっと勝手が違いました…。

最初のリハーサルでは、展示室で行うのと同じようにすると全然うまくいきませんでした。なぜうまくいかなかったかというと理由は2つ挙げられます。1つは雰囲気では伝わらないということです。しっかりと言葉を尽くして説明をしないと画面の向こうの参加者にこちらの質問の意図や作品のおもしろさが伝わらないのです。2つ目は、体感時間についてです。参加者役をしていたS学芸員曰く「参加する立場からすると、自分が発言をしていない待ち時間が実地でのツアー時より長く感じる、はやく作品について知りたいという気持ちになる」とのこと。

このリハーサルにより、参加者5人と30分かけてじっくり見る予定だった2作品を、3作品に増やしました。また鑑賞だけにするつもりでしたが、作品を見た後の解説も少し入れることにしました。待ち時間をあまり作らないことを念頭に、展開を早くするべく参加者の発言は順番に指名していくことにしました。特に工夫したのは、ひとりが言った発言を拾っては次に当たる子に「こんな意見が出ているけど、きみはどう思う?」というように、いつも以上にリレー形式で繋いでいくこと、そしていつもよりテンポを上げて進めることです。その後2度のリハーサルを経て、いざ本番。最初は通信機器トラブルにひやひやしましたが、慣れてくるとどう対応するべきかわかってきました。心配していた子どもたちの反応ですが、絵をみてしっかり発言してくれました。また自分の一つ前の子が言った発言に対して意見を言っていくというリレー形式からか、少し緊張感もあり集中できていたように思います。

今回オンラインの取り組みをしておもしろかったのは、オンラインの醍醐味というのでしょうか、県外や海外など福岡以外の場所からの参加があったことです。その中には今まで当館へ来たことがない子もいました。どうしたらいいのかと思案し、うまくいくのかと何度も挫けそうになりましたが、アンケートでは“楽しかった”という意見があり心底ほっとしました。また、美術館に行ってみたいとの意見やもっと他の作品もいっしょにみてみたかったという意見もいただき、たいへんありがたいことです。成功して本当によかったです。

オンラインでの取り組みは、まだまだ始めたばかりでいろいろ改善の余地があると思います。アンケートでも積極的に改善ポイントやご意見をいただきました。今回はあらかじめ準備しておいた静止画像を使って作品を見ましたが「ライブ配信で実際の展示室で作品をみてみたい」とのご意見がありました。たしかにより現地にいるような楽しさが増すと思います。今後も、また楽しい企画を模索していくつもりです。次回の取り組みもお楽しみに。

(教育普及係 上野真歩)

イベント

リニューアルオープンイベントその3 ミュージアムホールで演劇公演!

福岡市美術館のリニューアルにあたり、これまで美術講演会などに使用してきた「講堂」がミュージアムホールへと生まれ変わりました。美術だけでなく文化・芸術・学術まで用途が広がり、映画の上映会、演劇、コンサートなどを実施できるようになりました。

今回のリニューアルオープンを記念したイベントでは、新たな用途でミュージアムホールを活用し、「こんな風に使えるようになったんだ!」と体感していただけるようなプログラムを開催します。そのうちの一つが、福岡を拠点とする人気劇団「万能グローブガラパゴスダイナモス」による演劇公演です。ぜひお楽しみください。

 

万能グローブガラパゴスダイナモス 三都市ツアー凱旋公演「溺れるクジラ」 4公演

日時:419日(金) 午後730分~
420日(土) 午後2時~ / 午後6時~
421日(日)午後2時~
開場は各30分前
会場:ミュージアムホール
料金:前売券 3,000円 [当日券 3,500円]、25歳以下 2,000円(要身分証提示)
※税込・全席自由・未就学児⼊場不可・当日は当日券のみ販売

チケット取扱い:スリーオクロック(郵送販売) 092-732-1688(平日午前10時~午後6時30分)
チケットぴあ・ローソンチケット・イープラス
※発売は2月19日(火)10:00~

 

福岡市美術館リニューアルオープン記念展」会期中には、この他にも多数のイベントを開催いたします。詳しくは「イベント情報」のページをご確認ください。

新着投稿

カテゴリー

アーカイブ

SNS