メニュー

休館中本日休館日

メニューを閉じる
ホーム > ブログ > ミュージアムショップだより 猫グッズ&木版画浮世絵
福岡市美術館ブログ

新着投稿

ミュージアムショップ

ミュージアムショップだより 猫グッズ&木版画浮世絵

2020年1月28日(火)より開催中の『大浮世絵展』に合わせて、ミュージアムショップでは歌川国芳、歌川広重が描いた可愛らしい浮世絵の猫グッズを販売中です。特に歌川国芳は猫好きで有名で、いつも猫に囲まれた生活をしており、猫に戒名を与えた逸話まで残っているそうです。

 

歌川国芳《猫飼好五十三疋(みょうかいこうごじゅうさんひき)》は、東海道五十三次に登場する宿場町を、猫を使った語呂合わせで描いた戯画です。猫と一緒にその土地の名産品も描かれており、眺めていると可愛い猫と一緒に旅をしている気分になります。猫に注目して集めた書籍も人気です。

  

・めでる国芳ブック ねこ  金子信久著 1,980円(税込)
・ねこと国芳        金子信久著 2,420円(税込)
・三つ折りクリアファイル  330円(税込)
・シール          330円(税込)

歌川広重《浮世画譜(うきよえふ)》は、東海道五十三次・江戸名所百景の名作を描いた歌川広重のスケッチ画集です。袋を被ったり、毛繕いをしたり、毛を逆立て怒ったり?表情豊かな可愛い猫がたくさん出てきます。

・シール          330円(税込)
・三つ折りクリアファイル  330円(税込)
・A4クリアファイル       330円(税込)
・ダイカットポストカード  385円(税込)

 

猫グッズ以外にも、木版画浮世絵を販売中です。江戸時代と変わらぬ技術・技法を継ぐ絵師・彫師・摺師の三人の職人が、分業制で作り上げる総合芸術で、完成までに多い時には30十回以上も色を擦り重ねます。200年前の江戸で流行した浮世絵木版画の数々を当時と同じ姿でお楽しみ下さい。

 

・歌川広重 東海道五十三次  13,200円(税込)
 (日本橋浅之景・箱根湖水図・庄野白雨・土山春野雨)

・歌川広重 江戸名所百景   14,300円(税込)
 (日本橋雪晴・亀戸梅屋敷・水道橋駿河台・大はしあたけの夕立)

・葛飾北斎 富嶽三十六景   13,200円(税込)
 (凱風快晴・神奈川沖浪裏・甲州石班沢・山下白雨・深川万年橋下・相州梅沢左)

 

 

今回、ブログで紹介しきれなかった浮世絵関連商品、書籍も多数販売中ですので、福岡市美術館にお越しの際には、是非、一階ミュージアムショップにお立ち寄り下さい。

新着投稿

カテゴリー

アーカイブ

SNS