メニュー

開館時間9:30~20:00(入館は19:30まで)

メニューを閉じる
ホーム > ブログ
福岡市美術館ブログ

新着投稿

カテゴリー:コレクション展 古美術

コレクション展 古美術

仙厓は前衛作家?

当館1階の古美術企画展示室で6月から開催しているコーナー展示「仙厓展」。先日、展示替えを行い、作品も展示テーマもガラッと変わりました。この展示では過去の「仙厓ブーム」をいくつか取り上げており、本ブログではその一部をご紹介します。まずご覧いただきたいのがこちらの本。

仙厓西欧展図録

中身はフランス語。全然読めない…

表紙の“Sengai”だけがかろうじて読めるでしょうか…。
実はこれ、1961年に開催された仙厓西欧展(フランス語タイトルは” EXPOSITION ITINERANTE DE SENGAI EN EUROPE”)の図録です。イタリアのローマを皮切りにヨーロッパ11ヵ国、14都市を3年かけて巡回するというもので、50年以上も前にこれほどの展覧会が開催されていたというのは本当に驚きです。当時は、日本でも仙厓の評価は決して高くありませんでしたが、欧米で巻き起こっていた禅ブームが展覧会実現の強い追い風になったようです。

さて、仙厓さんの作品はヨーロッパの人々の目にはどのように映ったのでしょうか?それを知るてがかりとなるのが、展覧会を訪れた批評家たちによる言説です。仙厓西欧展の反響は日本の雑誌でも紹介されており(註1)、それによると批評家たちには概ね好評だったようです。

仙厓西欧展の反響は雑誌(写真は『墨美』151号、1965年)でも大きく取り上げられました。

特に高い評価をうけた作品の特徴を拾い上げてみると

①記号をモチーフとした作品
②極端にデフォルメされた人物
③身体の動きを感じさせるような筆勢あふれる書

などがあります。こうした特徴は、対象をリアルに再現するのではない、新たな表現を模索していた当時の前衛美術の動向とも通じるところがあり、仙厓は時代の先駆者として高い評価を得ることとなったようです。浮世絵が印象派の画家たちにインスピレーションを与えた「ジャポニスム」と似ているところがあるかもしれません。

それでは、具体的にどのような仙厓作品が評価されたのでしょう?残念ながら、当館のコレクションおよび寄託作品には、仙厓西欧展の出品作はありません。ですが、先ほどあげた特徴に合致する作品ということであれば、

①記号をモチーフとした作品

《円相図》 江戸時代 19世紀 小西コレクション(展示期間:9/1~10/11)

②極端にデフォルメされた人物

《蜆子和尚像》文政3年(1820) 三宅コレクション

③身体の動きを感じさせるような筆勢あふれる書

《養幻身》文化8年(1811) 九州大学文学部蔵(中山森彦旧蔵)

などを思い浮かべておけば、大きな間違いはないはずです。

さて、次に気になってくるのは、これらの作品を目にしたヨーロッパの批評家たちが思い浮かべた前衛美術とはどのようなものだったのか?あるいは、仙厓作品に影響を受けた作家はいるのか?ということではないでしょうか。調査が及んでいないこともあり、後者については現時点では全く分かりません。ただ、前者については批評家たちが具体的な作家を数人あげています。

例えば、仙厓西欧展に関する同時代人の批評を渉猟した竹本忠雄氏は、仙厓の作品に既存の芸術の枠組みでは捉えることができない「非芸術」としての側面があるとしたうえで、絵に穴をあけてそれを作品にしたルチオ・フォンタナなどとの共通性を見出そうとしています(註1)。

ちなみに、穴をあけた絵ではありませんが、これと似た趣向のフォンタナ作品が当館のコレクションに含まれており(《空間概念 期待》1962年)、2階の近現代美術室Aで展示中です。私も仙厓とフォンタナの作品を見比べてみましたが、似ているかどうかは正直よく分かりませんでした。多分、近現代美術の知識が足りないせいでしょう…。

ですが、当時の批評家たちが両者の作品に共通する前衛性を見出したことはまぎれもない事実です。仙厓展に来られた際は、2階のコレクション展もご覧いただき、批評家のまなざしを追体験してみてはいかがでしょうか。
(学芸員 古美術担当 宮田太樹 )

註1
竹本忠雄「東と西のあわいに 仙厓展をかえりみて」『墨美』151号、1965年(本ブログで紹介する批評家の言説はこの文献に依っています。)

コレクション展 古美術

悪夢の展示替え

ある日の古美術展示室。
独立展示ケースに飾っている壺を、展示替えする日です。
いつも一緒に作業をする相棒の学芸員は、この日は居ません。ひとりきりの作業です。

展示ケースの扉を開けます。
壺は高さ30センチ程で、豊満な器体には華やかな色絵が施されています。重要文化財に指定されていて、当館の古美術コレクションを代表する一品です。

壺は、転倒防止のために掛けられた6号の太いテグスでしっかり固定されています。壺の首まわりをぐるりと締めるテグスは、そこから四方へ、肩を押さえながら斜め下へまっすぐ伸びて、展示台に打ち付けられた4つのピンに、しっかり巻き付けられています。まずは、このテグスを外さなければなりません。

ハサミでチョキン!

あれ?切れない…おかしいな。

じゃあ、カッターで、シュッ!

あれれ?切れない…なんでかいな。

しかたがない、ピンごと抜いちゃおう。

ラジオペンチでピンの頭をグイッと引っ張る。

…スポン、…スポン、…スポン、…ググッ!

くそ~、最後の一本が抜けないな。もっと力を入れて引かないと。

グググググ~、スポン!

「よし、抜けた!」と喜んだ刹那、私は勢いあまって後ろに倒れ、尻もちをついてしまいました。しかも右手は、ピンを掴んだラジオペンチを強く握りしめたまま。

美しい壺は、首をテグスに引っ張られて横転し、一瞬宙を舞って、スローモーションで私の方へ落ちてきます。まるでリードを引かれたセレブ犬が飼い主の胸に飛び込んでくるように。
「恒、落ち着け!ゆっくり落ちてきているから、両手と胸でキャッチすれば大丈夫。」と自分に言い聞かせる。しかし、腕が動かない!金縛りにあったみたいに。

壺は、私の胸に当たって跳ね返り、床に落ちてゆきます。
目を背けます。そして聞くに堪えない破裂音が。

ついにやってしまった…。収蔵品を、市民、国民の財産を!

上司に伝えなければ。

走って事務室に戻りますが、足が思うように動きません。

やっと事務室に着きましたが、誰もいません。

隣の課をのぞきますが、誰もいません。

警備員さんもいません。

とりあえず、文化庁に電話しなければ。

しかし、電話機がない。部屋中どこを探しても見つかりません。

じゃあスマホで…うわっ、バッテリーが切れとる!

どうしよう、どうしよう…

取り乱し、誰もいない館内を彷徨している最中に、目が覚めました。

*   *   *

以上、先月の寝苦しい夜に見た夢の内容を、記憶する限り描写しました。当館に奉職して17年、年に1、2回は見てしまう悪夢です。大体は、ハードな展示替え作業日が近づいた頃に見るように思います。

同業者にこの話をすると、同じように収蔵品を壊してしまう夢を見るという人は少なくありません。「学芸員あるある」の一つのようです。

この夢も最初の頃は、壺を持つ手をすべらせたとか、壺の口を握ったらパカッと割れたとかで、青ざめた瞬間に目が覚めるというシンプルなストーリーでした。同じ夢が続くと「あ、これ、あの夢だな」と夢の中で気づくようになります。そうすると、夢も次は私に気づかれまいと、ストーリーをアレンジしてくるのです。しかも回を重ねるごとに演出が細かく、しかもドラマティックになってきています。テグスを介して壺を落下させるなんて、なんとも巧妙な仕掛けではありませんか。

壺が、昔飼っていた愛犬の姿に変身したこともあります(日頃テグスで固定された壺をみていて、無意識のうちに、リードに繋がれる犬を連想していたのでしょう)。無人の館内を半泣き状態でさまよい歩く絶望的な時間も、どんどん長くなっているように思います。

目覚めるたびに、もう二度と見ませんように!と願いますが、しかし、この夢には感謝をしなければなりません。
「初心不可忘」の意識を、都度新たにしてくれるからです。

次の展示替え作業は、8月31日です。

(主任学芸主事 古美術担当 後藤 恒)

コレクション展 古美術

空気を読みすぎた若手絵師

本日から1階古美術企画展示室にて「芸術とパトロン」を開催しています(~8月30日(日))。新型コロナウイルスの感染拡大防止のために、当館職員も在宅勤務を実施しており、実はこの展示は自宅で考えたものです。ホームページをリニューアルした際に、所蔵品検索の機能を大幅に充実させ、著作権上の問題がないものに限りほぼ全ての作品が写真つきで閲覧できるようになりました。ご自宅でも気軽に作品鑑賞をお楽しみいただけますので、是非ご活用ください!

とはいえ、パソコンの画面越しでは分からないことがあるのも事実。私も在宅勤務期間があけて、改めて生で作品を見たときに新たな発見がいくつかありました。ということで、本展出品作品から《八景図》をピックアップしてご紹介したいと思います。

これは中国の名所に因んだ8場面を、黒田家第4代藩主・黒田綱政(1659-1711)、狩野主信(もりのぶ、1675-1724)、狩野昌運(1637-1702)の3名でそれぞれ分担して描いたものです。福岡藩の殿様と幕府や藩の御用を務めていた狩野派絵師の合作であり、パトロンに焦点をあてた本展にぴったりの作品です。まずは3人の画風をそれぞれ比べてみましょう。

黒田綱政

黒田綱政

狩野主信

狩野主信

狩野昌運

いかがでしょうか?輪郭線は使わずに墨のグラデーションによって遠くの山々をあらわすという手法は3人に共通しますが、手前の岩の表現にはかなりの違いが認められます。すなわち、綱政と主信は遠くの山々と同様に輪郭線を用いない手法を用いるのに対し、昌運は濃い輪郭で縁取り筆の毛羽立ちをいかして岩肌のごつごつした質感を表現しています。絵画表現としてどちらがすぐれているか、と言われると私は昌運に一票を投じます。手前と奥とで表現を変えることで画面が単調になるのを防いでいますし、近くがくっきり、遠くがぼんやりとしているので奥行きを感じることができます。アマチュアの綱政とプロの昌運の技量の差がはっきりと示されているとも言えるでしょう。

さて、ここで問題になるのが、主信が担当した部分です。というのも、御用絵師の中でも最も格式の高い奥絵師という立場にあった主信にしてはちょっと画面が素気なく本気を出せばもう少し上手に描けたのではないか、という気がするのです。「ひょっとして綱政に気を使って彼の画風に寄せているのでは?」そんな疑いも持ってしまいます。これは妄想に近い仮説ではありますが、せっかくなので検証してみたいと思います。

まずは3人の年齢構成を確認しておきましょう。この絵巻がいつ描かれたかはっきりしませんが、仮に綱政が40歳の時とすると、主信は24歳、昌運は52歳となります。主信がダントツの若造であることが分かりますね。作画にあたっては綱政に相当気を使ったのではないでしょうか。一方、昌運は綱政より一回りも年上ですし、綱政の絵の先生でもあります。主信に比べると、綱政にそれほど気を使う必要はなく、自身の画風を発揮することが可能だったと言えるでしょう。

それから、もう1つ注目したいのが絹継ぎです。本絵巻は長さが6.5mに及ぶ絹に描かれていますが、もちろん一枚絹ではなく、30~60cmほどの絹を12枚つなぎ合わせています。この絹継ぎを観察することによって、どのような過程で制作されたのかを復元的に考察することができます。もう少し具体的に言うと、3人がそれぞれ別々に描いたのを後から合体させて1つの絵巻にしたのか、あるいは、元々1枚につなぎ合わせた状態の絹に3人が絵を描いたのか、を想像する手助けになるのです。結論を先に言うと、綱政と主信は、元々1枚につないだ状態の絹に描いており、昌運は別に描いたのを後から合体させたのではないかと思います。なぜそう言えるかというと、綱政と主信が同じ絹に描いている箇所があるからです。

ですから、綱政と主信が別々に描いて後から合体させたということはありえません。まず、綱政が作画を完成させた後にバトンタッチして続きを主信が描いた、という過程が想像できるでしょう。一回り以上も年の離れた殿様の後を受けた主信の気持ちは想像するだけで胃が痛くなりそうです。「殿様より上手く描いちゃったら怒られるかな…」「でも、下手くそすぎると仕事がもらえなくなるかも…」なんてことを考えながら恐る恐る筆を振るったかもしれません。

一方、主信の次の場面を担当した昌運はどうでしょう。絹の継ぎ目で絵がつながっていないことは一目瞭然ですね。

綱政・主信とは別に描いたのを後から合体させた可能性があります。それほどストレスなく描けたのではないでしょうか。

以上、多分に妄想を含んでおり多くの検討課題を残した仮説ではありますが、1つだけ言えることは、作品は作家が自由に制作できるわけではなく、様々な制約を受けていたということです。そして、彼らの制作を規定する重要な要素としてパトロン(本絵巻の場合は綱政)の存在が大きかったということも実感していただけるのではないでしょうか。展示は8月30日(日)まで。殿様と若手絵師のコラボ作品を是非会場でご覧下さい!

(学芸員 古美術担当 宮田太樹 )

新着投稿

カテゴリー

アーカイブ

SNS