メニュー

開館時間9:30~17:30(入館は17:00まで)

メニューを閉じる
ホーム > ブログ
福岡市美術館ブログ

新着投稿

カテゴリー:コレクション展 古美術

コレクション展 古美術

空気を読みすぎた若手絵師

本日から1階古美術企画展示室にて「芸術とパトロン」を開催しています(~8月30日(日))。新型コロナウイルスの感染拡大防止のために、当館職員も在宅勤務を実施しており、実はこの展示は自宅で考えたものです。ホームページをリニューアルした際に、所蔵品検索の機能を大幅に充実させ、著作権上の問題がないものに限りほぼ全ての作品が写真つきで閲覧できるようになりました。ご自宅でも気軽に作品鑑賞をお楽しみいただけますので、是非ご活用ください!

とはいえ、パソコンの画面越しでは分からないことがあるのも事実。私も在宅勤務期間があけて、改めて生で作品を見たときに新たな発見がいくつかありました。ということで、本展出品作品から《八景図》をピックアップしてご紹介したいと思います。

これは中国の名所に因んだ8場面を、黒田家第4代藩主・黒田綱政(1659-1711)、狩野主信(もりのぶ、1675-1724)、狩野昌運(1637-1702)の3名でそれぞれ分担して描いたものです。福岡藩の殿様と幕府や藩の御用を務めていた狩野派絵師の合作であり、パトロンに焦点をあてた本展にぴったりの作品です。まずは3人の画風をそれぞれ比べてみましょう。

黒田綱政

黒田綱政

狩野主信

狩野主信

狩野昌運

いかがでしょうか?輪郭線は使わずに墨のグラデーションによって遠くの山々をあらわすという手法は3人に共通しますが、手前の岩の表現にはかなりの違いが認められます。すなわち、綱政と主信は遠くの山々と同様に輪郭線を用いない手法を用いるのに対し、昌運は濃い輪郭で縁取り筆の毛羽立ちをいかして岩肌のごつごつした質感を表現しています。絵画表現としてどちらがすぐれているか、と言われると私は昌運に一票を投じます。手前と奥とで表現を変えることで画面が単調になるのを防いでいますし、近くがくっきり、遠くがぼんやりとしているので奥行きを感じることができます。アマチュアの綱政とプロの昌運の技量の差がはっきりと示されているとも言えるでしょう。

さて、ここで問題になるのが、主信が担当した部分です。というのも、御用絵師の中でも最も格式の高い奥絵師という立場にあった主信にしてはちょっと画面が素気なく本気を出せばもう少し上手に描けたのではないか、という気がするのです。「ひょっとして綱政に気を使って彼の画風に寄せているのでは?」そんな疑いも持ってしまいます。これは妄想に近い仮説ではありますが、せっかくなので検証してみたいと思います。

まずは3人の年齢構成を確認しておきましょう。この絵巻がいつ描かれたかはっきりしませんが、仮に綱政が40歳の時とすると、主信は24歳、昌運は52歳となります。主信がダントツの若造であることが分かりますね。作画にあたっては綱政に相当気を使ったのではないでしょうか。一方、昌運は綱政より一回りも年上ですし、綱政の絵の先生でもあります。主信に比べると、綱政にそれほど気を使う必要はなく、自身の画風を発揮することが可能だったと言えるでしょう。

それから、もう1つ注目したいのが絹継ぎです。本絵巻は長さが6.5mに及ぶ絹に描かれていますが、もちろん一枚絹ではなく、30~60cmほどの絹を12枚つなぎ合わせています。この絹継ぎを観察することによって、どのような過程で制作されたのかを復元的に考察することができます。もう少し具体的に言うと、3人がそれぞれ別々に描いたのを後から合体させて1つの絵巻にしたのか、あるいは、元々1枚につなぎ合わせた状態の絹に3人が絵を描いたのか、を想像する手助けになるのです。結論を先に言うと、綱政と主信は、元々1枚につないだ状態の絹に描いており、昌運は別に描いたのを後から合体させたのではないかと思います。なぜそう言えるかというと、綱政と主信が同じ絹に描いている箇所があるからです。

ですから、綱政と主信が別々に描いて後から合体させたということはありえません。まず、綱政が作画を完成させた後にバトンタッチして続きを主信が描いた、という過程が想像できるでしょう。一回り以上も年の離れた殿様の後を受けた主信の気持ちは想像するだけで胃が痛くなりそうです。「殿様より上手く描いちゃったら怒られるかな…」「でも、下手くそすぎると仕事がもらえなくなるかも…」なんてことを考えながら恐る恐る筆を振るったかもしれません。

一方、主信の次の場面を担当した昌運はどうでしょう。絹の継ぎ目で絵がつながっていないことは一目瞭然ですね。

綱政・主信とは別に描いたのを後から合体させた可能性があります。それほどストレスなく描けたのではないでしょうか。

以上、多分に妄想を含んでおり多くの検討課題を残した仮説ではありますが、1つだけ言えることは、作品は作家が自由に制作できるわけではなく、様々な制約を受けていたということです。そして、彼らの制作を規定する重要な要素としてパトロン(本絵巻の場合は綱政)の存在が大きかったということも実感していただけるのではないでしょうか。展示は8月30日(日)まで。殿様と若手絵師のコラボ作品を是非会場でご覧下さい!

(学芸員 古美術担当 宮田太樹 )

コレクション展 古美術

春の名品展開催中です。

4月半ばより開催予定だった「春の名品展」(~6月14日(日))。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、会期の半分以上が休館となってしまいましたが、ようやく皆様にご覧いただく機会が訪れたことを大変嬉しく感じています。

本展出品作品の中でも特に人気が高いのが、宮本武蔵《布袋見闘鶏図》(ほていけんとうけいず、タイトルが長いので以下《闘鶏図》と略します)です。

宮本武蔵《布袋見闘鶏図》

争う二羽の鶏を布袋がじっと見つめる様子を描いたもので、ドラマや小説でもおなじみの宮本武蔵のイメージに相応しい緊張感あふれる作品に仕上がっています。ところで、当館には同じ主題の作品がもう1点所蔵されていることをご存知でしょうか?それがこちらの《鶏骨図》。

伝・梁楷《鶏骨図》

中国・南宋時代の画家・梁楷がてがけたと伝わります。実際の制作は元時代に下ると思われますが、少ない筆数で対象を捉える手法などは梁楷の画風を伝えるものです。

武蔵は《闘鶏図》の制作にあたって、この《鶏骨図》もしくはそれに類する作品を参考にしていると思います。ですので、今回の展示では2作品を並べて展示することによって、それぞれの違いを比べていただけるようにしています。そこで、本ブログではこの2作品の違いをご紹介いたします。

まずは《鶏骨図》から。この作品、控えめに言ってかなり変です。本作では闘鶏をみつめるのは、布袋ではなく数珠を持ったお坊さんになっていますが、顔には笑みを浮かべています。

つまり、この絵は殺し合う鶏を見ながら、にやにやしているお坊さんを描いているんです。完全にホラーです。ちなみに、闘鶏を描く作品として有名なものに六道絵があります。六道絵とは、人が死後に生まれ変わる六つの世界(天・人・修羅・畜生・餓鬼・地獄)を描いたもの。すごく平たく言うと、「悪いことすると地獄に落ちますよ」ということを伝えるための絵です。もちろん悪いことをした人が全員地獄へ落ちるわけではなく、罪の重さに応じて生まれ変わる世界が変わるというシステムになっています。闘鶏が描かれるのは「畜生道」、六道のうち、上から4番目(下から3番目)です。地獄に落ちるほどの重罪ではないけれど、そこそこの悪行といったところでしょうか。まっとうなお坊さんであれば笑って見ている場合ではないことは確かです。正直、どうしてこのような絵が描かれたのか全く見当がつきません。本図の作者はよほど屈折した感情を抱えていたのだろうか、とわずかに想像するのみです。

このようなよく分からない《鶏骨図》と比べることで、武蔵の《闘鶏図》の個性はより明瞭に捉えることができます。まず、武蔵の《闘鶏図》では闘鶏を見つめるのはお坊さんではなく神様である布袋です。最初からフィクションとして構想されているので「どうしてお坊さんが…」といったマジのツッコみは必要ありません。それから一番の違いは表情でしょう。

布袋は眉間に皺を寄せてなにやら考え事をしている様子。口元は若干微笑んでいるようにも見えますが、《鶏骨図》に描かれたお坊さんとは明らかに趣が異なる表情です。《鶏骨図》が「なんだかよく分からない絵」だとすれば、武蔵の《闘鶏図》は「なにか意味ありげな絵」ということもできそうです。

例えば、《闘鶏図》を所蔵していた松永耳庵翁は、争う二羽の鶏に当時の政界の主導権争いを重ね合わせ、布袋のような強力なリーダーの登場を熱望しました。このような「分かりやすさ」も《闘鶏図》の人気を支える要因の1つではないかと思います。

展示は6月14日(日)までです。是非会場で2作品を見比べていただき、その違いを実感してください。

(学芸員 古美術担当 宮田太樹 )

コレクション展 古美術

茶道具を入れた箱を入れた箱を入れた箱を入れた箱を入れた箱

茶碗にしろ、茶入(ちゃいれ)にしろ、古い茶道具の価値をつくるのは、モノ自体に備わる美的魅力だけではありません。その魅力に惹かれ、大切に守り、次代に継いできた人々の思いの積み重ねでもあります。

ある茶道具を大切に守るために作った箱を、次の所有者がその箱ごと守るために新しい箱を新調する。さらに次の代の人も…、そうして受け伝えられた結果、茶道具を守る箱は、マトリョーシカのように入れ子式になることがあります。箱以外にも、茶道具を直に包む袋やその替え、歴代の所有者や鑑定家が記した書き付け等、あらゆる付属物が伴います。それらを総称して「次第(しだい)」と呼びます。

現在、松永記念館室で開催中の「茶道具の『次第』」展は、松永耳庵旧蔵の茶道具の中でも特に次第が充実した茶道具を選び、伝来の紹介とともに、次第まるごと展示する試みです。

普段は最大20件は陳列できる展示室が、今回は6件で一杯になりました。

目玉といえば《唐物肩衝茶入 銘「松永」》(中国・明時代)。戦国武将・松永久秀が所持したことに由来する名物茶入です。片手のひらに収まる程度の小さな陶器を、五重の箱が守っています。一番外側の箱は、本器に付属する盆を守る三重箱も一緒に収めるため、両手を広げて抱えるくらいの大きさになっているのです。そうです、冒頭のタイトルは、それを分かりやすく?表現したものです。

展示作品は、まず作品本体を置き、続いて本体に近い付属品から順番に、内箱から外箱へ整然とわかりやすく配置しました。箱の蓋は殆どすべて、開いた状態にしました。蓋というのは、閉じていれば開けたくなるし、開いていれば閉じたくなるもの。開いた状態で展示すると、展示空間が全体に雑然としてしまうデメリットがあるのですが、何はなくとも箱内をご覧いただけることと、茶道具を袋に包み、幾重もの箱に収めてゆくプロセスをより実感をもって辿っていただけるのではという思惑から、あえてそうしました。同時にその実感が、代々の所蔵者たちが道具に込めた愛情を追体験することにも繋がれば幸いです。

ある茶道具が、いかに過去から大事にされ、価値が高められてきたかを眼で見て実感していただける内容です。4月12日(日)までです。是非ご来場下さい!

(主任学芸主事 古美術担当 後藤 恒 )

茶入「松永」の次第を一挙陳列!画面に入りきらない…

新着投稿

カテゴリー

アーカイブ

SNS