メニュー

休館日本日休館日

メニューを閉じる
ホーム > ブログ
福岡市美術館ブログ

新着投稿

カテゴリー:カフェ/レストラン

カフェ/レストラン

スペシャルソフトクリーム“Wind大濠” 開発のうらばなし!

福岡市美術館のアプローチ広場に設置されたインカ・ショニバレCBE《ウィンド・スカルプチャー(SG)Ⅱ》をモチーフとしたカフェの新商品スペシャルソフトクリーム“Wind大濠”。今年4月から試行錯誤を繰り返し、3カ月の期間を要して完成しました。開発のうらばなしを少しご紹介します。

実際の作品は完成まで見ることが出来ず、コンピューターグラフィックスによるイメージを参考に製作を始めました。ホテルニューオータニ博多内でまずどの商品で制作するかを検討した結果、商品の中で作品の形に最も近いイメージのソフトクリームをベースとして製作することで決定しました。

インカ・ショニバレ CBE《ウィンド・スカルプチャー(SG)II》設置イメージ

①作品の色彩をどう表現するかが最も考慮したポイント!
鮮やかで大胆な「アフリカンプリント」をイメージするために既製品のチョコレートやトッピングの砂糖菓子などで再現することをまず考えましたが、イメージ通りの色彩とはほど遠く、ホテルで製造することに。チョコレート用の食用色素を使用し微調整を重ねることで色彩の表現にいたりました。試作段階で細かいドットやラインなどの表現にもこだわろうとなり、作品を色彩表現するべく試行錯誤を重ねました。

色鮮やかなチョコレート

チョコレート用の食用色素で細かいラインやドットを表現


②作品の形状や動きをどう表現するかという部分に苦戦!!

素材としてチョコレートを使用することは決めたものの独特の形状や動きの再現は極めて困難・・・。結果、俯瞰的に見たときの全体の印象を第一に考えることにしました。ランダムにカットした4パターンのチョコレートを不規則かつナチュラルに配置することで、作品のイメージに見立てました。

色鮮やかなチョコレートシート

③実際に食べる際の状況の想定!!!
厳選した2種類のチョコレートを使用。味の面では問題はありませんでしたが厚さの見極めに最も気を遣いました。厚ければチョコレートが最後まで口に残ってしまいますし、また薄すぎると製作中に溶けてしまいます。ベストな厚さを探し何度も試作を重ねました。

ベストな厚さを探しチョコレートを伸ばす様子

ベストな厚さのチョコレート

このような試行錯誤を繰り返し完成したスペシャルソフトクリーム。美術館にお越しの際は、インカ・ショニバレCBE《ウィンド・スカルプチャー(SG)Ⅱ》をバックに鮮やかで大胆な「アフリカンプリント」をイメージするスペシャルソフトクリーム“Wind大濠”を是非お楽しみください。

スペシャルソフトクリーム“Wind大濠”

■カフェアクアム(福岡市美術館1階)
営業時間を当面の間、下記のとおりに変更しております。
火~木曜日:午前11時~午後5時30分
金曜日:午前11時~午後8時
土曜日:午前9時30分~午後8時
日曜日・祝日:午前9時30分~午後5時30分

カフェ/レストラン

特別メニューで楽しむ 特別展「藤田嗣治と彼が愛した布たち」へ!

特別展「藤田嗣治と彼が愛した布たち」開催に伴い、福岡市美術館 レストラン「プルヌス」(2階)では、フランス・パリで数々の名作を生みだした藤田嗣治の作品にちなんだスペシャルコースをご用意しています。

「藤田嗣治と彼が愛した布たちスペシャルコース」¥3,000(消費税別)
※提供時は一部変更になる場合があります。

本コース料理の魅力を一品ずつ紹介いたします。

【前菜】季節のオードブル盛り合わせ
日本とフランスの両国で活躍した画家 藤田 嗣治をイメージして、和洋織り交ぜながらも、食感・色彩・香りをお皿の上に表現しました。

前菜:季節のオードブル盛り合わせ

【スープ】カブのポタージュ
代表的な作品『乳白色の下地』にある色合いを、「カブ」を使い透き通る白いスープで表現、オリーブオイルとセルフィーユのトッピングで仕上げました。

スープ:カブのポタージュ

【メイン料理】ブイヤベース プルヌス風
エコール・ド・パリと称される《パリ派》の画家たち(ピカソ、モディリアーニなど)と共に藤田嗣治も通ったとされるレストラン、モンパルナスの老舗 Le Bistrot du Domeの人気料理である『ブイヤベース』をアレンジしました。濃厚なソース状の本来のブイヤベースに「カサゴ」のグリル、エビ、ムール貝と色とりどりの野菜を添えました。風味豊かな海の香りをガーリックベースのルイユソースとともにお楽しみください。

メイン料理:ブイヤベース プルヌス風

【デザート】ブランマンジェと洋梨のコンポート シャンパン風味のグラニテを添えて
 藤田嗣治が眠る第二の故郷ランスの街の特産品であるシャンパン”GH Mumm”を使ったデザートです。ブラマンジェに白ワインで煮た洋梨のコンポートを乗せて、クッキーを散りばめました。食感も楽しめます。

デザート:ブランマンジェと洋梨のコンポート シャンパン風味のグラニテを添えて

白という色にこだわった藤田嗣治の作品をイメージし、白を基調にオードブルからデザートまで布の柔らかさを表現したコース料理です。特別展「藤田嗣治と彼が愛した布たち」鑑賞のあとは、シェフが本展のために創作したオリジナルコースで余韻に浸る時間をお過ごしください。

料金:¥3,000 ※ホテルメイドブレッド・コーヒー付き(消費税別)
提供期間:2020年10月17日(土)~12月13日(日) 
店休日:美術館の休館日に準ずる
時間:平日 11:30~15:30(L.O. 15:00)土日祝 11:30~17:30(L.O. 16:30)
福岡市美術館 2階レストラン「プルヌス」 問合せ:092-983-8050

カフェ/レストラン

カフェ アクアムで人気のスイーツ 開発うらばなし!

2019年3月21日の美術館リニューアルオープンとともに1階に新たに誕生したスタイリッシュなカフェ「アクアム」、開業以来今でもずっと大人気を博しているのが『大濠シュー』、大濠公園の新緑をイメージした抹茶の香り高い当カフェでしか味わえないオリジナルのシュークリームは子供から大人まで男女年齢問わず多くの来館者に喜んでいただいています。

さて、この『大濠シュー』、実は2015年秋に出店が決まった時に考案、2017年から試作を重ねて完成したのです。考案者のホテルニューオータニ博多 小田 英男 総料理長に美味しさのヒミツを伺いました。

「開発当初は大濠公園を泳ぐ白鳥のイメージからスタートし、ホテルパティシエ全員でコンテストを実施、そこで新緑をモチーフにした抹茶カスタードのシュークリームが誕生したのです。しかし、商品を完成させる過程においては、甘さと渋みのバランス調整に苦労し、何度も試作を重ね、福岡県星野村の抹茶と三温糖を使うことでほのかな甘みのある香り高いオリジナルのクリームが完成しました。」

福岡県星野村の抹茶と三温糖を使用した抹茶のカスタードクリーム


「その上に絞るホイップクリームは九州産をはじめとした3種の生クリームをブレンド、空気をたっぷり含むようにホイップしてふんわり感を引き出しました。抹茶のカスタードクリームとのバランスを考えた絶妙な甘さになっています。」

九州産をはじめとした3種の生クリームをブレンドしたホイップクリーム

「最後にサクッとした食感をほどよく残したシュー生地は大ぶりにふっくらと膨らませていますのでシュー生地の“ぼうし”(ふた)を手につまんで、生クリームやカスタードクリームをすくってお楽しみください。」

オーブンで焼き上がったシュー生地

甘すぎず、クリームと抹茶の香りとのバランスがとても合っていて、甘いもの苦手な方でもサラッといけちゃいます。ぜひ挽きたてのコーヒーとともにおしゃれで気ままなカフェタイムをお過ごしください。また、お持ち帰りもできますので、ご自宅やオフィスでのひとときにいかがでしょうか?

パウダーシュガーをふって完成した大濠シュー

大濠シュー ¥420(税別)
カフェ アクアム 福岡市美術館1階
店休日:美術館休館日に準ずる

新着投稿

カテゴリー

アーカイブ

SNS